李容浩の国連演説、米国への宣戦布告? 北朝鮮はチビ・ロケットマンとともになくなるか?



李容浩(リヨンホ)の国連演説

今回はこれ、事実上の米国への宣戦布告か!
そして、北朝鮮の存在が危ういか?

・・と、思うこと。

「まあ、そうなるわな。」と、俺のつぶやき。


北朝鮮 ロケットマン


大胆だよね。
北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相。
ずいぶんと傲慢な姿勢と言えるのではないか。

国連でのできごと。

いかに、金正恩委員長の指示を受けているとは、言っても。

いや、受けているからこそ。
あのような物言いになったのだろう。

とにかく、挑発的な演説内容に映る。

特にこの部分は事実上の宣戦布告と見てよいのかもしれない。

「われわれは、容赦ない先制行動による予防措置をとる」
「米国の本土全域に、われわれのロケットが向かうことを一層避けられなくなる過ちを犯した」

(産経 9月24日)

一般論として、このような表現を受け、心穏やかな国家の指導者はいないと思う。

そのためか、トランプ大統領が怒りを隠せない言葉をツイッターで表すのは致し方ないかもしれない。

Just heard Foreign Minister of North Korea speak at U.N.
If he echoes thoughts of Little Rocket Man,they won’t be around much longer!
シッカリ聞いた。リヨンホ外相の国連での演説をな!
チビのロケットマンの思いというなら。
彼らに存在の道理がない。

こんな感じであろう。

この怒り、当然かもしれない。
今までも弾道ミサイルなど好き勝手に発射、爆発させているのは北朝鮮なのだ。

しかも、今回は事実上米国民を人質にとったような発言だ。
トランプ大統領から見れば、まさに許すまじか。

今まで以上に北朝鮮の暴言・妄言ととともに、トランプ大統領の発言を追いかけたい。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ