ライダイハンで英国人が動く! 韓国へ謝罪要求らしい! その一歩として駐ベトナム韓国大使館にその像を設置するとも!



ライダイハン 韓国

オシマサのハグレへ、ようこそ!

ライダイハン。
ツイッターなどのネットを見ると、よく接する言葉
である。
珍しくはない。

ついに、この言葉が報道関係でも表れていた。

そもそも、ライダイハンはベトナム戦争時の韓国派
遣軍の婦女暴行などで誕生したと言われる韓国兵と
ベトナム女性の血を受け継ぐ混血の子。

と言っても、軍人だけではなく、民間人の関与もあ
ったとされるところに、当時の韓国のベトナムを見
る姿勢が垣間見える。

そして、ライダイハンは、今、それ相応の年齢なの
だろう。

とにかく、そのライダイハンに関して、英国で事実
究明と韓国に謝罪を求める動きが起きているらしい。
それが報道に見られる内容だ。

ただ、数万単位で存在すると言われるこのライダイ
ハン、今まで大きな扱いを受けずに経たということ
は、ベトナム社会からも冷遇されていたのかもしれ
ない。

詳細はわからないが、ベトナムが韓国にものを言わ
ないのはベトナム国内でもライダイハンに対し同情
的な目が少ないのだろう。
それは想像に難くない。

ちょっと考えると、ライダイハンは韓国の血を引く
だけに、一般のベトナム人から見れば、どこか敵国
の姿が見え隠れするのではないか。
そんな感じもする。

もし、同情的視線が強ければ、この動きはもっと早
くに起きてもよいだろう。

結局、英国人が行動を起こすところに、この問題が
ベトナムでは触れたくない暗部。
それを示唆しているようにも映る。

ともあれ、ライダイハンを巡り過去の韓国がベトナ
ムで犯したできごと。
これに向けた謝罪要求の動きがあることは間違いな
いようだ。

駐ベトナム韓国大使館前に、ライダイハン像を設置
する動きがあるとされるのだから。

ちなみにこの報道は産経で見た。
他でも見られれば、日本の報道も公正な面があると
言えるのだが、どうだろう。
注視したい。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。


ライダイハン 韓国

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ