TBSの『ひるおび』見て、頭にフツ! 衆院解散となれば、安倍首相と「こんな人たち」の戦い?



ひるおび 八代英輝

オシマサのハグレへ、ようこそ!

さっき、お昼の休みにTBSの『ひるおび』が目に入
ったので、ちょっとだけ見ていた。

あいかわらず「党利党略」とか「大義」とかで云々
かんぬんの様子。

大谷昭宏氏とか、片山義博氏は持論展開で忙しいよ
うだ

だが。

早い話が安倍首相をこき下ろしたいだけの話に見え
るのだが違うのだろうか。
それでも、コメンテーターの田崎史郎氏と八代英輝
氏の両名は正常な感覚の持ち主に見える。

なぜなら聞いていて違和感がない。
まあ、俺と波長が合う言葉を発したから「そうだ」
というわけでもないが、しかし、そうである。

衆院解散に大義があるなどとほざいても。
それがどこに書いてあるというのだ。
八代英輝氏が言っていた。
「憲法にはない」と。
正論だねえ!と言う感じ。

一応、聞き取ったものを趣旨のみ並べると。
こんな感じか。

〇 憲法7条3項に解散に大義が必要とはない。
〇 大義不要とは言わない。
〇 これまでの政策がどうか、今後の任期を任せら
れるのか。それが総選挙の大義かと。

確かに、日本国憲法第7条を見ると。
大義は出てこない。
第3項は『衆議院を解散すること』だけである。


また、他の場面では片山義博氏が党利党略の解散を
否定、批判する発言があるが。
見事に田崎史郎氏に一蹴されていた。
「党利党略を考えないトップはアカン」との趣旨で。

基本的に党利党略を考えるは通常のことではないか。
問題点として挙がる場合は、国益を損ねてまで党利
党略に固執する際であろう。
今回の安倍首相の早期解散、その動きがあるならば
国益をさらに守るためと思う。

是であろう。

とにかく、この二人の存在は大きい感じがする。
わずか30分ほど、『ひるおび』を見ての思いだが。
いっそのこと、コメンテーターはこの二人でよいの
では。

ともあれ、TBSの『ひるおび』は安倍首相を悪しく
言いたい。
それはよくわかる。

まるで、あの秋葉原で安倍首相を攻撃していた!
『こんな人たち』と同じように映るのだ。

もう少し、いろいろな考えが存在すること。
これを是とした番組構成はできないのだろうか。
あまりにも偏って見える。

これではこの番組自体が『こんな人たち』になるの
ではないか。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ