民進党・前原誠司代表は決断か! 「希望の党」へ合流! これでテレビ局の偏向報道の勢いは加速度つけて安倍首相叩き?


スポンサードリンク


希望の党 偏向報道

オシマサのハグレへ、ようこそ!
(ハグレは「世事を語る」ショート版)

今回は民進党と報道・メディア、特にテレビ局を笑って
やるつもりで言葉を並べてみる。

では、はじめることに。
民進党、やっちゃいましたね。
前原誠司代表は決断した様子。

報道を見る限り、これで民進党の議員さんも「希望の党」
の議員バッジファースト作戦にあやかれそうだ。

と捉えていたら、そうでもないか。
誰でもウエルカムでもないようだ。

左派系の連中はオミットというか。
「来ちゃ、いやーよ!」ということらしい。

その区切りをどこで付けるかが焦点になると思うが。
すでに、若狭・細野をリセットして、自ら「希望の党」
代表と名乗った小池百合子代表のことだ。

当然同氏の眼鏡に適った者だけが入党できるのであろう。
ちょいと、このあたりは興味津々である。

ともかく、民進党の衆院議員の多くは「希望の党」へ。
潜り込むことになるだろう。
辻元清美氏、蓮舫氏のようなダーテイさと外国勢力との
関わりを感じさせる発言の多い者、あるいは枝野幸男氏
のような労組との関わりをにじませる者はオミットされ
ると思うが、そういう類以外は数を揃えたい小池百合子
代表は受け入れるのではないか。
(蓮舫氏は参院議員だから民進党に残留かな。)

と、こんな予測を持っているが。
その前にもう一つ予測がある。
というか、こちらはすでに表れ始めているかもしれない
が、偏向報道だ。

こちらに目を向けると。
昨日までは民進党、「希望の党」と分かれていた場合。
報道・メディア、中でもテレビ局はどちらかを立てれば
どちらかがへこむ。
結果、自民が浮き上がる。

それでは困る!と見ていたであろう。
ところが、今回の合流劇で攻撃すべき対象の方向が選択
しやすくなったのではないか。

つまり、これだ。
「希望の党」に与すれば、安倍首相・自民党を潰せると。

「安倍首相オンリーや、叩け!」と。

となれば、すでに偏向報道のはじまりは25日の夜の報道
(TBS NEWS23 イヤホン事件)でも顕著に表れているが
さらに加速度がついて、安倍首相と自民党叩きが激しく
なることは想像に難くない。

ということで、どれだけ民進党のボスに成り代わった!
小池百合子代表を報道・メディア、特にテレビ局が持ち
上げるか。
安倍首相と自民党を貶めるか。
これから日々ウオッチしたいと思う。

これほど偏向報道がひどくなると、もしかすると。
誰かがドキュメンタリー映画にまとめたりしないか!と。
密かに楽しみにしているのだが。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ