小池百合子都知事、見事な若狭勝ロケット切り離し! 「日本のこころ」の政党助成金も手に入れ自ら代表、野望へまっしぐらか!



希望の党 代表

オシマサのハグレへ、ようこそ!

25日、小池百合子都知事、若狭勝氏に任せておけぬ
と思ったのか。
午後には自ら表に飛び出し『希望の党』代表へ。

確かにあの貧相な風体のオヤジでは人は寄らないと
は思う。
あまりにも浅薄に映るからだ。

小池百合子都知事自身もわかっているのだろう。
だけど、これで若狭勝氏は単なる使いパシリ確定と
思う。

今後、若狭勝氏を使った動きというか。
選択肢はないのではないか。
自らカードを一つ捨てたようにも見える。

とはいえ「日本のこころ」中山恭子氏とその夫君を
取り込んだことで、伴う政党助成金も確保。
その時点で新たなカードと軍資金も入ったことから
若狭勝氏の価値はなしと見切ったのかもしれない。

使い捨ての時期が来たとも言えよう。

それにしても、安倍首相の解散表明前に新党の立ち
上げを明らかにするとは、自らを自民党に対峙する
勢力との、印象付けを図る意図が見えるのだが。
どうなのだろう。

なかなかの策士と映る。

ただ、策士、策に溺れる!の言葉もある。
今後も順風満帆とは必ずしも言えないのではないか。

ところで、この小池新党とも呼ぶべき『希望の党』
の立ち上げによって。
民進党は過敏になっているようだ。

報道を見る限り。
民進党から新たな離党者が生れているともある。
松原仁はその一人だ。

まあ、皆、不安なのだ。
明日も議員バッジを付けられるかどうか?
それだけではないか。

ろくなことをしていない自覚はあるのだろう。

ちなみに、25日現在、報道で見られる「希望の党」
の国会議員はこんな感じか。

 党員名  前の所属
 若狭勝  無所属
 細野豪志  民進党
 松原仁  民進党
 笠浩史  民進党
 長島昭久  民進党
 木内孝胤  自民党
 中山恭子  日本のこころ
 行田邦子  無所属
 松沢成文  無所属

※ 敬称略
(まだ、民進党からの寝返り組はいると思う。)

それにしても、都議会の「都民ファーストの会」も
旧民進党勢力が多く、「希望の党」も旧民進党議員
がすり寄って来る姿を見ると。

確かに、小池百合子都知事は人集めに長けたものが
あると思うが、単に第2民進党勢力を作って、その
主に収まっただけのようにも見える。

単にあぶれものの不満分子が集まって、とりあえず
住処を作った感じか。

多くの方々はどのように捉えているのだろう。

そして、同時に「希望の党」は小池百合子都知事と
いうか。
小池百合子代表の野望を果たす勢力、その道具とも
見なせるだろう。


しかし、ちょっと考えると、想像すると・・。
小池百合子都知事が日本の首相、そして「希望の党」
の面々が政府の要職?

怖いか!

次の衆院選挙、国民も心してかからないと。
あとから後悔しても後悔しきれないできごとになる
かもしれない。

そんな思いもするのだが。
以後もウオッチしたいものだ。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ