小泉進次郎氏「安倍政権を倒す、その後はどうするのか」は希望の党など批判野党の空虚な主張を突く! 同時に、選挙関心が政策と見た証左か?


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

今回はかなりショートながら、思うところを一つ。

昨日、小泉進次郎氏は熱海の駅前で選挙演説で立ったと
ある。

その際の言葉として、これがあがっている。

「今の野党は安倍政権を倒すと言っているが、では目的
を達成した後どうするのか。目標設定が間違っている」
(産経 16日)

そのとおりと思う。

希望の党、立憲民主党などの野党は批判だけで、その先
の姿が見えてこない。
まさに彼らの空虚な主張を突くものだ。

確かに今までは批判をすれば、批判した分だけ相手側が
悪く見えた時代もあったと思う。

だが、今はテレビ、新聞などのマスコミ、報道メディア
と呼ばれるものだけに限らず。
ツイッターをはじめインターネットの世界から、多くの
情報を取り入れられる時代なのだ。

当然、国民、人々は情報を重ね、比較評価をすることに
なろう。
特に若い世代はその傾向が強いと思う。

とすれば、単なる批判だけでは耳を傾けなくなるのでは
ないか。

つまり、その先は政策を具体的に示さなければ。
人々は関心を持たなくなるということだ。

そして、真っ先にその動きを示したのは情報を多量に
浴びることができる比較的若い世代か。

それは一つの物差しとして保守的傾向を見るとわかる。
20代、30代は比較的強いとされるのだ。

ただ、これは単に保守的傾向云々ではなく、自民党と
公明党による与党側の政策に比べて、希望の党、立憲
民主党、また、共産党などの反安倍と呼ばれる野党側
の政策が、あまりにも空虚なためであろう。

要は安倍政権を批判する野党があまりにもだらしない
ので、与党を選択せざる得ない!
ということだ。

その部分を若い世代の代表に見える小泉進次郎氏が突
いたと思う。

ということで、これから、浮動票層の存在はあっても
選挙に関心を持つ人々が、政策に重心を置きつつある
証左にも映るのだ。

小泉進次郎 演説

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ