浦和北高の先生はおかしくない、枝野幸男の立憲民主党は沈み行く泥舟!



今回はツイッターなどを見て思うこと。


立憲民主党は沈み行く泥舟

・・とあるのだ。


繰り返そう。


浦和北高校の先生が

「立憲民主党は沈みゆく泥舟」

と授業の際に発言したらしい。


的を射た言葉ではないか。
今回はツイッターなどを見て思うこと。


だが

なぜか、それが「問題」と

ちょっと話題になっているようだ。


テレビなどが放送して

問題視の方向性を持たせている様子。

まっこと、テレビはよろしくない媒体と思う。


浦和北高 立憲民主党


さておき、はじめに

問題点として、騒ぐことなのか。

そんなフラグが立ってくる。


淡々と、受け止めればよいのだ。


別に問題はないのではないか。

立憲民主党に関して、ちょっと触れれば

枝野幸男氏が一人で立ち上げた

その行動力はよし!


とするものの

基本、その考えは古臭い左翼思想に映る。


また、集まってきた者も

希望の党にすら入れてもらえなかった

いわゆる「あぶれ者」ではないか。


これらが集まった船を

泥舟

と揶揄して何が悪いというのだ。


当該高校の先生、教師は

本当のこと、事実を

生徒に語っただけではないのか。


しかし

学校側はこれを問題発言として陳謝したとある。

騒がれたので、校長はじめ指導部層が

保身の意味で動いたのであろう。


たまたま、テレビが扱ったので

「取りあえず謝っておくか!」

・・程度のことと思うのだ。


では、ここで唐突ながら

対象とする政党を変えて考えてみよう。


たとえば

立憲民主党を自民党に置き換えたら

きっと騒ぎにならなかった!

と思うのだが、どうだろう。


テレビも取り上げなかったのではないか。


そこで、言いたいことは、これ。

学校の先生も気にし過ぎではないか。

ということ。

(それとも学校首脳は左派系なのか?)


言われて、面倒に巻き込まれるのは

「いやだ!」

という思いがわからぬでもないが・・。


ところで、いささか話はよそに飛ぶが

立憲民主党のツイッターのフォロワーを見ると

その数が10万を超えている。


わずか二日ほどで

その数に達するとは俄かに信じ難い。


早速、ツイッターに詳しい人たちが

架空のフォロワーと見なす声を上げている。


もし、この数字が正しいのであれば

民進党に籍を置いた際も

同様の支持フォロワーを数えたのではないか。


立憲民主党

中身は民進党の左翼が集まっただけであり

同じなのだ。


つまり、立憲民主党自体

かなり怪しいということだ。


・・で、話を戻そう。

そんな怪しい政党のことを少々揶揄したぐらいで

陳謝するのは笑止の至り。


むしろ

今回のように正しき視点を持つ先生が

勤務する学校であれば。


「安心して我が子を通わせることができる!」

と判断する親御さんの方が多いのではないか。


賢明な国民、人々は皆、そう捉えると思う。


ともあれ、しっかりした目で

世間を見る浦和北高の先生が

不利益を受けないことを祈るばかりである。


俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ