韓国軍から北朝鮮へ情報が漏れた? 斬首作戦とか米韓の作戦計画などがサイバー攻撃、ハッキング? 日本はGSOMIAでケンチャナヨ?


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

何ていうのかな?
今回の報道で見た、韓国のていたらく。
韓国軍の部隊なのか、機関なのか、そこは知らんけど。

北朝鮮のサイバー攻撃か、ハッキングとやらで、情報を
ゴッソリ持ち逃げされたようだ。

報道・メディアによっては、米韓の作戦計画、また斬首
作戦と呼ばれる北朝鮮の中枢、金正恩委員長を狙う計画
まで失ったとある。

韓国軍が扱う情報量のどの程度がなくなったのか。
米軍との関連性の高いものがどれほどなくなったのか。
さらに現下の大勢に影響があるのかどうか。

そういったところは知る由もないので、続く言葉はない
が、何ともいい加減な姿に韓国軍は見えてくる。

米軍も心もとなく捉えているのではないか。
国連軍、在韓米軍として展開している以上、少なからず
韓国、韓国軍とは共有する情報はあるだろう。

また、なければ。
いざという際には迅速な行動がとれないと思う。

そして、11日現在、弾道ミサイル発射の動きは表れては
いないようだが、18日は中国共産党の党大会が始まる日
なのだ。

10日の朝鮮労働党創建記念日の代わりに、何か北朝鮮が
ことを起こしてもおかしくない状態が続くことを考える
と、韓国のこの事態は憂うものがあろう。


韓国 サイバー


と思うのだが、専門家はどう捉えているのか。
引き続き報道に注目したいものだ。


ところで、日本も韓国とはGSOMIAで情報のやり取りを
少なからず行っている!
と、かつての報道で見たことがある。
実際、このあたりはどうなのだろう。

取りあえず、GSOMIAって、今、挙げているのはこれ。
日韓秘密軍事情報後協定。
(正式名称は長いので省略)

当然、相互に情報のやり取りをしつつ、その保護・保管
には腐心していると思うが、気になるのは日本が渡した
情報は大丈夫かということ。

今回の事件から米韓の情報のみならず、内容の軽重に関
わらず、日本から韓国に入ったものも北朝鮮に流れる!
それは考えられないのだろうか。

ともあれ、今回の件は韓国側の情報保護の技術が北朝鮮
の窃取技術より劣っているか、また韓国側の保護管理の
甘さのためなのか、それは判然としないが、今一度韓国
への情報提供を考える契機ではないか。

日本政府はどう捉えるのだろう。

韓国 サイバー

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ