韓国の外務省報道官が麻生太郎副総理を暗に指し批判か! 武装難民にも「難民保護の規定をあてろ!」らしい!


スポンサードリンク


麻生太郎 武装難民

オシマサのハグレへ、ようこそ!

今回は韓国の麻生太郎副総理を指した批判に関して。
何とも愚かな批判である。

そもそも、麻生太郎副総理は朝鮮半島の有事の際に大量
の難民が日本に流れ込む可能性から、同時に武装難民も
いるかもしれないとし、その対策を論じただけにすぎな
いのだが、過剰に反応している様子。

まずはこれだ。
韓国の外務省とも言うべき韓国外交部の報道官がこのよ
うな趣旨発言をしているらしい。

北朝鮮からの難民に関し偏狭、国粋主義的な発言を日本
の閣僚がしたことはケシカランと。
その理由は難民保護の国際規約に外れるということらし
いが、武装難民に気を使う必要があるのか。
はなはだおかしな理由を付けた批判と思う。

とにかく、韓国のこの役人はずれている!
それは間違いなかろう。

麻生太郎副総理の言いたいことはこうであろう。

武装難民に対する警戒心を持て!
そして、その対策の必要性を提言しただけではないか。


麻生太郎 武装難民

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

この図はあくまでも単純イメージだが、まったく考えら
れないものではなかろう。
日本人が死んだり、被害を受けてからでは遅いと思う。


ところで、問いたい!
韓国は北朝鮮の難民であろうと何であろうと武装した者
をたやすく、国内に入れるのだろうか。
もし、その者が武器を構えた場合、そのまま素通りで済
ます考えなのか。

韓国こそ、そんなことはしないだろう。
準戦時体制の国なのだ。
やはりしかるべき対応を取るのではないか。

また、今回の批判は北朝鮮におもねている姿にも映る。
何か同族のよしみで裏の取引でもあるのか。

逆にそのように勘ぐってしまう。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ