共産党は不倫疑惑人を衆院選挙で支援? 山尾志桜里氏、ちょっと待て、その前に『説明責任』を十分に果たすべきでは!



共産党 山尾志桜里

オシマサのハグレへ、ようこそ!

共産党やるなあ!
感心しているわけではない。
呆れているのだ。

何かと言えば、山尾志桜里氏の衆院選挙立候補支援。

「勝手にしやがれ」という気分だけど。
愛知 7区と言えば。
特に瀬戸市、尾張旭市は馴染みのある地域で知り合いも
いるところ。

知り合いと政治の話はしないが、彼らと話をして、僭越
ながら民度の低さを感じることはない。
しっかりした御仁が多い地域と思う。

今回の共産党の支援は一時の気の迷いかもしれない。

誰を選ぶかは有権者ひとりひとりの問題だから、それに
関しての言葉は持たないが、奥さんの立場に立てば。
疑惑でも「どうかな」というのは、いつもつきまとうか。

ところで、山尾志桜里氏、なぜ、得意の『説明責任』を
はたさないのか。

別に庇うつもりは毛頭ないが、不倫の疑惑よりも常日頃
から発言してきた『説明責任』を果たさないこと。
これに世間は怒っているのではないか。
行えばかなり、風も違うだろう。

もちろん、不倫であれば公序良俗の面で指弾されること。
それはあるとは思う。

しかし、今の状態よりはワンランク下がった批判の流れ
で収まるのではなかろうか。

とにかくだ。
今の喫緊の課題というか。
目の前にあり解決しなければならないこと。
『説明責任』を果たすことであろう。

中途半端な行いではダメだ。

ということで、今回は共産党が山尾志桜里氏を支援する
と見て。
つい言葉が浮かんでしまった。

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ