オシマサが見る日々のできごと、2018年1月30日を振り返る!



オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月30日を振り返る

1 中国フリゲート艦、対馬海峡へ 
2 中国空軍機、墜落
3 最大限の圧力をかける

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。



1 中国フリゲート艦、対馬海峡へ

中国のフリゲート艦1隻は対馬海峡を通峡し、反転した
あと東シナ海へ。
※ ジャンカイII級

これは30日に明らかにされた29日のできごと。
産経、時事などに見られました。

おそらくは同日、『Y9』情報収集機も対馬海峡を抜け
日本海に入っていますので、28日の日中外相会談に向け
た何らかの示威行為にも映りますし、北朝鮮向けの米軍
の動きにかかる情報収集に来たものかもしれません。

憶測ながら、思いは広がります。



2 中国空軍機、墜落

29日のできごと。
貴州省綏陽県で訓練飛行中の空軍機が墜落の様子。
詳細は不明ながらも、結構、ネットの中では大きく人々
の関心を呼ぶ広がりを見せています。


ユーチューブ画像を見ると、生々しい!
※ 輸送機『Y-8』か?



3 最大限の圧力をかける

30日、米国、上下両院合同会議でのできごと。
トランプ大統領は「最大限の圧力をかける」考えを強調
しています。
もちろん、北朝鮮による核・ミサイル開発を阻止のため。
(昨年1月来の『一般教書演説』の中での発言です。)

また、「米国を危険な状況に陥れた過去の政権の過ちは
繰り返さない」ともあります。
かなり力の入ったものを感じます。

また、特筆すべきはこちら。
中国とロシアに対して「米国の国益、経済、価値に挑戦
する競合国」と表しています。(時事)
侮ることできずの思いが強いのでしょう。

ダボス会議を含めトランプ大統領の行動には強烈なもの
を感じるばかり。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ Y9

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)



 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ