オシマサが見る日々のできごと、2018年1月29日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月29日を振り返る

1 北朝鮮、南北合同文化行事中止通告
2 中国軍機『Y9』、日本海飛行
3 冬季軍事演習が縮小化?

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。



1 北朝鮮、南北合同文化行事中止通告

29日の夜になってから、突如、北朝鮮は南北の合同文化
行事の中止を通告した様子。
場所は金剛山(クムガンサン)ですね。

おそらくは発電機用の石油精製品(軽油)を巡り、韓国
内では是非論もあり、かつ2月8日の北朝鮮正規軍創建日
に関しても、芳しい声がないことを、北朝鮮にとっては
面白からぬと受け止めているのでしょう。

ただ、ここで真剣に北朝鮮が中止とすれば、南北関係の
進展に水を差された感じを韓国は受けるものの、石油精
製品の件で世界に言い訳する心配は減るでしょう。

何と言っても、国連の制裁決議に反するかもしれず。
周辺諸国に与える影響、特に日米とは協調関係への楔と
もなりかねませんから。
もっとも、北朝鮮にはそれが狙い目かも。



2 中国軍機『Y9』、日本海飛行

中国、『Y9』情報収集機1機が東シナ海から対馬海峡を
抜け日本海まで飛行の様子。
河野太郎外相が28日に訪中して、尖閣周辺での潜水艦
の活動を許すまじ!と意志を示した意趣返しにも映りま
すが・・同時に。

『Y9』情報収集機の経路には沖縄、佐世保、岩国が見ら
れることから、中国の狙いは米軍かもしれません。


オシマサ Y9


いずれにしても、中国は周辺諸国を睥睨する意志は満々
のようです。



3 冬季軍事演習が縮小化?

29日、産経紙で見たもの。
(米紙ウォールストリートから。)
北朝鮮が毎年行う冬季軍事演習で規模縮小の傾向が見ら
れるとあり、国連安保理制裁決議に伴う石油供給削減が
効いている判断もある様子。

これが事実であれば、少なくとも核・弾道ミサイル部隊
以外は、結構「へたる」というか、「堪えている」ので
しょう。
北朝鮮、どこまで今後、強気を示せるか注視ですね。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ Y9

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)


スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ