オシマサが見る日々のできごと、2018年1月26日を振り返る!



オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月26日を振り返る

1 『領土・主権展示館』の開設
2 北朝鮮、軍事パレードはでかいか!  
3 F35A、1機、三沢配備へ!

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 『領土・主権展示館』の開設

これは25日のできごと。
日比谷公園内の市政会館の地下1階に開館とあります。
竹島と尖閣に関する真実の内容を知りたい人には朗報で
しょう。

そして、早速、中国と韓国が「これはいかがなものか」
と反発の姿勢を示しています。

特に中国は、レコードチャイナの記事にもありましたが
これを見る限り、中国のコソ泥感覚は消えることなく。
自民党の二階俊博幹事長の発するような日中友好はあり
えないと思いますが、世の皆さんはいかが受け止めまし
ょう。

「釣魚島が日本固有の領土だとわめき立てる、事実をね
じ曲げる行為には驚かされる」
「日本はこの問題で絶えず小細工を弄し、不正な方法で
中国の島々を己のものにしようとたくらんできた」
とあるのですよ。

日本人なら「領土・主権展示館」に行ってみましょう。



2 北朝鮮、軍事パレードはでかいか!

韓国、それなりに北朝鮮の軍事パレードの準備と思われ
る行動に意識はしている様子。

『平昌オリンピック』開幕の前日2月8日、平壌近郊美林
(ミリム)で予定とされる『朝鮮人民軍創建日』の式典。

これは軍事パレードの形態を示しているとして、趙明均
(チョミョンギュン)統一部長官が明らかにしたとあり
ます。

中でもこの表現は大きいでしょう。
「大規模な閲兵式を準備しており、保有するほぼ全ての
兵器を動員し相当威嚇的になる可能性が高い」(産経)

軍事的な示威行為の性格が強く、『平昌オリンピック』
の平和の祭典が『かすむ』と言いたいのでしょう。

ともあれ。

北朝鮮は片手で握手をしつつ、もう片方の手に棍棒を握りしめて振り下ろそうとしている

その姿しか思いつかないのです。



3 F35A、1機、三沢配備へ!

F35A、1機が航空自衛隊の三沢基地配備へ。
ステルス機として知られ、今までの『生産』と『訓練』
に加え今回ようやく、実配備の話題が登場したのです。

「26日午前、小牧基地に隣接する名古屋FACOを離陸し
たF35Aは三沢基地に着陸、配備」と扱われたのです。

また、2018年度中に1個飛行隊を整備とあり、となると
今、米国で訓練中の5機も戻って来るのでしょう。
そして、2018年度の調達機数は4機と表れていますので
計画の10機飛行隊の編成は、今のところ予定どおり進む
ものと思われます。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 領土

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)



 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ