オシマサが見る日々のできごと、2018年1月21日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月21日を振り返る

1 『三池淵管弦楽団』の事前点検団
2 立憲民主党、参院国対委員長
3 フランス徴兵制復活か!
4 22日から通常国会はじまり
5 米国、政府機関の一部閉鎖 

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 『三池淵管弦楽団』の事前点検団

21日、1日遅れでソウルに到着。
『三池淵(サムジヨン)管弦楽団』のこと。
玄松月(ヒョンソンウォル)氏はじめ7人の事前点検団
は、ソウル経由KTXで江陵へ。

『余談中の余談ながら』
1시간 56분 만인 낮 12시 46분 강릉역에 도착했다.
とあるので、KTXに乗れば1時間56分、約2時間でソウルから江陵へ行けるのでしょう。

午後から、江陵の公演会場のアートセンターを点検確認。
また、宿泊所は同地のスカイ・ベイ・キョンポホテルの
VIP室。
加えて、警備員の数がかなり多いともあります。
まさにVIP接遇ですね。

また、22日、ソウルでは公演場を3-4箇所、視察へ。

そのほか、韓国の報道を見る限り。
江陵では歓迎する市民も見られるとあり、文在寅大統領
の行いに賛同する者も少なからずいるのでしょう。

それにしても、合同チームの選手が来ることなく、オリ
ンピックと直接関係のない管弦楽団の受け入れで盛り上
がる韓国政府。
やはり変わっているとしか映りません。
韓国のことでありながら、不思議。



2 立憲民主党、参院国対委員長

19日のできごと。(ZAKZAK 19日)
立憲民主党は参院国対委員長に蓮舫氏を起用へ。
すでに調整能力で破綻か?と言われる辻本清美氏に続き
独善的人物を参院であてるとは、まとまる話もまとまら
ず・・でしょう。

立憲民主党、怪しさだけはトップクラス!



3 フランス徴兵制復活か!

20日のできごと。
マクロン大統領、15年以上前に廃止した徴兵制度の復活
の考えを明らかにしたとあります。
テロ脅威に備え、18歳-21歳の男女対象、一か月の兵役
で導入したい様子。

移民で治安に問題がある認識はあるのでしょう。



4 22日から通常国会はじまり

22日からの動き、第196回通常国会の召集。
会期は6月20日まで。
今年は『カケ』『モリ』のくだらない騒ぎにならぬこと
を願いたいですね。



5 米国、政府機関の一部閉鎖

20日の米国上院審議も物別れへ。
(19日の審議でつなぎ予算が可決できなかったため。)
連邦予算の失効に伴い政府機関は一部閉鎖とあります。
失効時間は20日午前零時過ぎ。

共和党もトランプ大統領の強い意志を持つため、引くに
引けないものがある様子。
同時に民主党も自らの姿勢を示さないと存在感が薄れる
と見なした結果かもしれません。

ともあれ、困るのは米国民、米国の経済でしょう。
早めの対応が待たれるところかと。

ちなみに、防衛、治安関連は閉所とならないようです。
「まあ、そうかな」と拙はうなづくばかり。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ フランス

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)


スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ