オシマサが見る日々のできごと、2018年1月17日を振り返る!



オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月17日を振り返る

1 38ノースが見る北朝鮮の動き
2 グアム、B52戦略爆撃機
3 統一会派結成断念
4 南北次官級実務協議

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 38ノースが見る北朝鮮の動き

16日に『38ノース』が明らかにしたとされるもの。
衛星写真の分析評価で、北朝鮮西岸南浦港で新たな動き
が認められたとあります。(産経 17日)

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射試験台用の
「はしけ船」に関わる動きがある様子。


動きの内容並びにその進捗状況は不明ですが、専門機関
があえて触れていることから。
北朝鮮が核・弾道ミサイルの開発を止める考えがないと
十分見なせるでしょう。



2 グアム、B52戦略爆撃機

16日のできごと。
グアム・アンダーセン空軍基地、B52戦略爆撃機3機が
到着となり三機種の爆撃機(ほかB1、B2)が居並ぶ状態
とのこと。(産経 17日)

米空軍が6機が移動とあるので、残り3機も近々に到着と
なるのでしょう。

その目的は北朝鮮へのけん制が主たるものでしょうけど。
それだけで終わるのか、注目です。
何と言っても核兵器を搭載可能です。
いよいよかもしれません。



3 統一会派結成断念

17日、急転直下というのか、統一会派結成を申し入れて
きた民進党から希望の党に「白紙に戻して欲しい」との
話があった様子。

ダメダメ政党同士の合体の動きでしたが、民進党の「無
所属の会」の総理経験者が、かつての希望の党への移籍
を拒否されたことを遺恨にひっくり返した様子。

細野豪志を弾かない限りダメとか、主張していたようで
すが、希望の党が相手にせずの姿を見せたため、相成っ
たとも。

何かと付和雷同者の多い政党です。
国民はまともに相手にしてはいけない政党と捉えた方が
よさそうです。



4 南北次官級実務協議

17日、板門店、平和の家で南北の次官級協議が行われた
とあります。(ツイッターから)
ここではオリンピックへの参加のあり方に触れた模様。
結果として流れるものでは大きく二つ。

〇 アイスホッケー女子の合同チームを結成
〇 開会式で朝鮮半島図柄の統一旗で、合同入場行進

そのほか、北朝鮮の応援団が約230人の規模とも。

これに加え、報道に表れるものは「もう決めた」の内容
ですが、その影響を考えると様々なものが映ります。

まず、合同チームとなると、今まで韓国のチームとして
努力してきた選手が、突如の北朝鮮メンバー参入で弾か
れることもあるのでしょう。
その場合の不満の吸収はどうするのか?

また、開催国で韓国の旗をはためかさないことを韓国民
はどう思うかでしょうね。
たとえ入場行進であっても、肩を落とす人もいるでしょ
う。

まあ、韓国、韓国人の世界のことですから、自由に決め
ればよいのですが、大会のひと月前ぐらいに政府の思惑
でスポーツの祭典に手心を加えることは、のちのち問題
になるかも。

この上、北朝鮮選手の参加費用も韓国が出せば、国連の
制裁も意味をなさなくなるでしょうしね。

ともあれ、南北会談が始まった時点で平昌オリンピック
の政治色が強いため、拙はまったく興味なし。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 誤報

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ