オシマサが見る日々のできごと、2018年1月14日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月14日を振り返る

1 安倍首相、ラトビア訪問へ
2 安倍首相、リトアニア訪問へ
3 南北会談は『統一閣』で!
4 民進党、希望の党、統一会派へ

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 安倍首相、ラトビア訪問へ

13日のできごと。
安倍首相、ラトビア共和国のリガへ。
ラトビアでの会談相手はマーリス・クチンスキス首相と
あります。

ただ、報道・メディアで表れる部分は少ないですね。
とはいえ、外務省サイトで訪問の柱に見えるものはわか
ります。

その中から、大きなものと思われるものをいくつか挙げ
ると、こんな感じでしょう。

〇 北朝鮮は欧州においても重大な脅威であり国際社会
の課題として連携したい趣旨内容がクチンスキス首相が
発したとあります。

〇 上記と関連して、北朝鮮の核武装は認めず、圧力を
最大限に高めていく必要性を確認。

〇 両首脳は貿易投資関係の活発化、日ラトビアの間で
安全保障面での議論など二国間関係の深化。
さらに「日バルト協力対話」の創設で一致とあります。

特筆すべきはこれでロシアの東隣の二つの国、ラトビア
と12日に訪問したエストニアで「日バルト協力対話」に
関して一致の点を見い出したことでしょう。

これで14日訪問のリトアニアでも、同様に触れることが
できれば、大きく日本は東欧に足掛かりを築けるのかも
しれません。



2 安倍首相、リトアニア訪問へ

14日のできごと。
リトアニア(カウナス)で日本人外交官、故杉原千畝氏
の「杉原記念館」を訪問したとあります。(時事)

首相官邸のツイッターにはバルト三国訪問ダイジェスト
版と言える動画がありましたので、貼ってみました。
わかりやすいです。
初訪問国にもかかわらず、かなり日本側から企業が同行
していることがわかります。



3 南北会談は『統一閣』で!

南北会談、実務協議を北朝鮮側の『統一閣』で行う模様。
15日の予定。
会談の目的は北朝鮮芸術団の音楽グループ「牡丹峰楽団」
の派遣に関してですね。

ただ、北朝鮮が主導的に行っているとの見方もあり韓国
は、すでに後塵を拝する状態へ。
要するにのまれている可能性もあるかもしれません。
注視でしょう。



4 民進党、希望の党、統一会派へ

民進党、希望の党、統一会派で行動することを決めたと
あります。
いやいや、先祖返りですね。
見事に希望の党は有権者を欺いてくれました。

ともあれ、希望の党・古川元久、民進党・増子輝彦両幹
事長は、固く握手ということでしょう。
正式には15日とありますが、細野豪志氏、長島昭久氏の
影は薄いですね。

9月の末からの騒動は一体なんであったのか?
不毛な時間を費やしてしまった感じでしょう。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 安倍首相

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)


スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ