オシマサが見る日々のできごと、2018年1月12日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへようこそ!

2018年1月12日を振り返る

1 韓国の愚かな独り相撲
2 米海兵隊員の沖縄県民ほか救助
3 安倍首相、東欧諸国歴訪へ

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 韓国の愚かな独り相撲

官房長官の記者会見の話。
菅義偉官房長官は日韓外相会談の合意で拠出した10億円
に関して、文在寅大統領「日本と協議したい」との考え
を一蹴したようです。
拒否ということ。

当然でありましょう。
不可逆的な解決としたものを今さら蒸し返すことは日本
として、許容できるものではないと思いますからね。
その姿勢で韓国には強く当たるべきかと。

※ 安倍首相も触れています。東欧諸国歴訪前。

【安倍首相の記者会見】(12日)
安倍首相、日韓外相会談合意事項に関して、公式の見解を示しています。
「日韓合意は国と国との約束です。」
「これを守ることは国際的かつ普遍的な原則であります。」
・・・
「韓国側にも実行するよう強く求め続けていきたいと思っています。」

安倍首相、菅官房長官の姿勢で韓国には「なすべきこと
をなしなさい」と引き続きあたって欲しいものです。

しかし、韓国はますます自らの行動の範囲を狭めること
になると思いますが、その自覚はどうでしょう。



2 米海兵隊員の沖縄県民ほか救助

これは昨年の4月23日のできごと。
(産経、ツイッター)

沖縄県恩納村周辺でダイビング中の沖縄県民を含む4名
を米海兵隊の隊員が救助したものです。
しかし、残念なことにこうした内容を沖縄の報道・メデ
ィアは取り扱わないようです。

つまり、偏向報道に長けている様子。
ものごとを中立視できない、いわゆるブンヤが沖縄には
多いのでしょう。

ともあれ、このような米軍、海兵隊の動きに関して感謝
でありましょう。
日本人として。



3 安倍首相、東欧諸国歴訪へ

12日-17日の間、安倍首相は東欧諸国を訪問するとあり
ます。

1  エストニア
2  ラトビア
3  リトアニア
4  ブルガリア
5  セルビア
6  ルーマニア

首脳会談は当然のようですが、同行する経済関係、企業
の数が多いとあります。(30社以上)
安倍首相は東欧とも今まで以上に、絆を結びたい考えと
思われます。
対ロシアでの協調強化を想定しているかもしれません。

ちなみに今回の対象国は日本の首相がはじめて訪問する
国々とあります。

安倍首相の歴訪が成功裏に終わることを祈念したいもの
です。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 安倍首相

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
(2017年11月17日17:00からです。)


スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ