オシマサが見る日々のできごと、2018年1月3日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2018年1月3日を振り返る

1 韓国、北朝鮮の『新年の辞』で動く?
2 北朝鮮、板門店の連絡ルート再開へ! 
3 河野太郎外相、パキスタンほか訪問へ!

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 韓国、北朝鮮の『新年の辞』で動く?

2日のできごと。
韓国の文在寅大統領は1日の金正恩委員長の『新年の辞』
で、早速動きを表したようです。
※ 趙明均(チョミョンギュン)統一相へ指示

これは『新年の辞』にある平昌オリンピックへの代表団
派遣の考えと南北対話の可能性に反応しているのでしょ
う。

その結果、南北会談を9日に開きたいかに見えます。
また、トランプ大統領の北朝鮮関連の今年初ツイッター
では、この南北会談の帰趨に触れている様子。

ともかくも。
韓国のこうした試みに北朝鮮がどのように対応するか。
一つの試金石でしょう。



2 北朝鮮、板門店の連絡ルート再開へ!

北朝鮮は、1日の金正恩委員長の『年頭の辞』で触れた
南北対話を推し進めるためか。

3日15:30以降、板門店の直通電話(ホットライン)で
韓国側とのやり取りを再開へ。
およそ二年ぶりのこととあります。
(2016年2月以来)

そこで、年明け以降の北朝鮮の主張、変心ぶり?
背景と呼べるもの、関連を表わしてみると。
このとおりかと。


1日

北朝鮮、金正恩委員長『新年の辞』で表す。
「核ミサイル発射ボタンは僕の机の上」
「平昌オリンピック参加も考える」
「そのための話し合いなども考える」


2日

韓国の文在寅大統領、統一部へ対応指示の様子。
統一部長官、9日に南北会談開催の打診へ。


3日

北朝鮮、南北の連絡ルート再開
3日、15:30から再開を板門店部隊へ指示の様子。

ともあれ、文在寅大統領、年明け以降、上げ潮との認識
を持っているかも。
それだけ、南北間接近の動きが現れたように見えます。

そして、今後、どのようになるのか、特に9日、板門店
での南北会談へ各国は目を向けるのでしょう。
(あるならば・・。)



3 河野太郎外相、パキスタンほか訪問へ!

この方、精力的に仕事をこなされます。
河野太郎外相、3日-7日の間、パキスタン、スリランカ
モルディブの参加国を訪問するとあります。

すでに3日は出立し、本日はバンコクまで進んだ様子。
ツイッター見ると、あります。

それにしてもですね。
年の暮れの中東諸国歴訪、そして年が明けての南アジア
への旅立ち、これだけ積極的に海外へ向かい行動をする
姿勢を見れば、やはり外相専用機は必要でしょう。
門外漢ながらもその思いに駆られます。

ご活躍を祈念する次第です。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 小林よしのり

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)



 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ