オシマサが見る日々のできごと、2018年1月2日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2018年1月2日を振り返る

1 トランプ大統領のツイッターのはじまり 
2 イラン反政府デモ、大きくなる?
3 小林よしのり氏もよいこと言うよね!

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 トランプ大統領のツイッターのはじまり


『米国は馬鹿なように、パキスタンへ援助で330億ドル
以上15年間に渡って与えてきた。
そして、彼らは代わりにウソ、詐欺を。
米国の指導者を馬鹿のように考えていた。
パキスタンは米国が追い求めるテロリストたちに安全な
環境を与えていたのだ。
ほとんど助けを求めることなしでだ。
もう、いいだろう。』

パキスタンに切れています。
何がそのような言葉を発しさせたのか?
それは不明ですが、パキスタンへの不信感が大きく
あることはよくわかります。

昨年8月以来のパキスタンへの資金支援の停止問題も絡
まっているのでしょう。

とはいえ、2日、パキスタン側は動いた様子。
パキスタン駐在米国大使に不満を訴えたようです。
それにしても、何がトランプ大統領にそこまで言わせし
めたのか、注視ですね。



2 イラン反政府デモ、大きくなる?

イワン反政府デモ、極まれり?
2日午前中の報道を見る限り、死者が14名を数える様子。

しかも、騒乱、あるいは騒擾の範囲、地域は昨年末より
拡大の様相。
また、イラン国土の西部地域での発生が多いようです。

先行きが不明なことも重なり。
これに関するトランプ大統領のツイッターの書き込み
多さが関心をより高めます。



3 小林よしのり氏もよいこと言うよね!

「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏に関して。
BLOGOSの小林よしのり氏の記事から。
この部分、多くの人は納得するのではないでしょうか。

『わしは、村本は単なる「無知による反戦平和主義」だ
と見抜いていたから、評価していない。
案の定、「非武装中立」論者であり、他国に侵略された
ら「白旗上げて降参」するそうだ。
他国に侵略されて占領されてもいいと言う者と議論する
意味なんかない。
どんな地獄が待っているか、想像力がまったくないのだ
ろう。 』

この人、30年ほど前にSAPIOなどで登場した頃は。
結構好きな御仁でしたね。
ただ、最近は立憲民主党とベッタリになるほど、変化を
生じられたので、当方、距離をぐっと開けて見ているの
ですが、今回の記事に限っては。
「いいじゃん」というのが偽らざる思いです。

そして、引用した部分は少なくとも賛同するところ。
また、ほかに考えさせられるところもあるので、仮に当
ブログを目に入れる方がいるならば。

小林よしのり氏の内容も目に入れることをお勧めします。
タイトル名はこうです。
『正月の朝ナマに出なくて良かった 』

あまりこの方を「よし」とする言い方はしたくはありま
せんが、今回だけは別。
・・ということで。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 小林よしのり

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)



 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ