オシマサが見る日々のできごと、2017年12月19日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月19日を振り返る

1 慰安婦合意の検証結果
2 日韓外相会談
3 通常国会、1月22日

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 慰安婦合意の検証結果

韓国では外交部長官の康京和氏始めその関係者が慰安婦
合意の正当性を覆そうと躍起のようです。

27日に検証結果を明らかに・・と。
ここで強調するは、「最終的かつ不可逆的な解決」など
を問題にしたい!とのこと。
(産経 19日)

でもですよ。
それで、検証結果が韓国政府の考えと一致するものでは
ない!
と、言われましても・・。

ちょっと虫がよすぎるのではと思うわけです。
河野外務大臣はどのように対応するのでしょう。

興味深いところです。



2 日韓外相会談

これもとても気になるものです。
ともあれ、日韓外相会談は淡々と開かれ、終えたように
移ります。
報道を眺めても、あまり濃い内容はないですね。

基本的に韓国の姿勢に対し、河野太郎外務大臣は明確な
態度で臨んだのでしょう。

去る2015年12月28日、日韓外相会談の慰安婦問題合意
に関して。
その履行を強く迫ったとあるのですから。

河野外務大臣、そして外務省も今の韓国の姿勢をよしと
しないことはわかります。

少なくとも、日韓議員連盟の訪韓時のようなやり取りは
なかったのでしょう。

ともかく、特段、康京和外相(外交部長官)来日前との
変化は報道に表れていませんし・・。
今、ボールは韓国が持っていることに変わりがない!。
それは言えるでしょう。


また、明日以降、詳細な話が出てくるかと思うのです。

特に安倍首相の訪韓要請に関して・・。
こちらを注目したいものです。



3 通常国会、1月22日

平成30年(2019年)1月22日、この日が通常国会開始
日とあります。(時事 19日)

この時に平成29年度補正予算案を審議する様子。
当然、平成30年度予算案も対象ですよね。

この通常国会の期間は150日ですから、末は6月20日。
この中では昨年来、目玉として自民党が取り上げていた
憲法改正案審議も考慮しているのでしょう。

おそらく。

あとは野党が常識人として行動すれば、中身の濃い国会
での議論になると思いますが、どうでしょう。
それとも、また、モリとカケを持ち出し、不毛の時間と
するのか。

目は追います。

ところで、同時に政府と自民党は、意外と悠長に構えて
いる!
そんな感じもします。

あれだけ、国難選挙と謳いつつ、衆院選挙を乗り越えた
にしては・・ですね。
また、朝鮮半島有事の話題に事欠かない事態でもあるに
関わらず、補正予算を翌年の通常国会に回す算段のこと
です。

きっと、政府は北朝鮮が何かしでかす?
そういった読みはないのかもしれないですね。

北朝鮮の木造船の漂流・漂着にしても、国民の目に見え
る形で急ぎ対応としたものが映りませんから。

とはいえ、何か、進めてはいるのでしょうけど。

報道に表れるものを見る限り。
そのように思うのです。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ