オシマサが見る日々のできごと、2017年12月17日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月17日を振り返る

1 総連系の会社を強制捜査へ
2 在韓邦人退避計画は進む!
3 康京和外交部長官、19日に来日へ!
4 故金正日氏の命日、ミサイル発射なし!

※ 今日、目が飛ぶ先は半島関連が多かったです。

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 総連系の会社を強制捜査へ

17日、不意にでしょう。
警視庁捜査2課は総連系の保険会社に向けて強制捜査を
行ったとあります。

報道で表れたものは、会社名称を「金剛保険」、対象は
その関係先の様子。(毎日 17日)

強制執行妨害容疑での家宅捜索ですから。
差し押さえられる預貯金に勝手に手をつけるなりして。
「如何なものか」との判断で生じたものでしょう。

こんな感じで受け止めています。

ですから、整理回収機構の差し押さえを逃れるため。
関係機関の了解を得ずに、会社の金を下ろして関係する
ところに運んだ!
そんな類のようです。

時期が時期ですから、北朝鮮制裁の一環にも映りますが
そもそもは行うべきことを行なっただけかもしれません。

とはいえ、この会社の朝鮮総連の立ち位置はかなり高そ
うです。
朝鮮大学校、金剛山歌劇団、朝鮮新報社と比肩かと。
(産経 17日)
また、社員は100人とあり、彼らの動きが気になります。



2 在韓邦人退避計画は進む!

これは16日に明らかになったと産経紙が報道していた
もの。
いくつか目を引く、思うことをチョイチョイと挙げてみ
ます。

表れている内容の第一点は、陸上自衛隊のヘリコプター
が使用されること。

CH-47で、対馬と釜山間を飛行する計画とあります。
位置付けでは空自、海自の輸送能力を超える分を補完す
るか・・に思えますが。
ともかく、三つの自衛隊で邦人の退避行動を図る考えが
あることはわかります。

ちなみにこのCH-47の能力も表れていて。
航続距離 約1000km
輸送人員 約50人

対馬と釜山の間はだいたい50kmほどとありますから。
単純計算では20往復できるのでしょう。

そこで、気になるというか、確実にできるのか?
と思うことがあります。
釜山の在韓邦人の集合地点は、日本人のみが集まる場所
でしょうか。あるいは同様の在韓外国人が集まるのは仕
方がないと思いますが。

そのような事態になれば、韓国人も集まってこないでし
ょうか。

要は在韓邦人の輸送目的に合致しない事態が起きたりし
ないかということ。

また、逃げる在韓外国人を韓国人は「よし」とした姿勢
で見るでしょうか。
「死なば諸共」とその動きを遮ることは考えられないで
しょうか。

杞憂に終わりそうなものもあるかもしれませんが、韓国
人、同社会が大きく揺れる前に退避は行った方がよいと
思うのです。



3 康京和外交部長官、19日に来日へ!

康京和外交部長官(外相)、19日に来日します。
河野太郎外相と会談を持つようですが、基本的に穏やか
に合意できるものはないでしょう。

対象内容はこれでしょうから。

○ 北朝鮮対応
○ 慰安婦合意

いずれの点においても、現在の日韓両国の間には隔たり
しか見えません。
『北朝鮮対応』に関して、日本は「強力な制裁」を主張
米国と足並みを揃えていますが、韓国は人道的支援を行
うとのこと。

また、『慰安婦合意』では日本は履行を求めているに対
し、韓国は「国民感情がある」と反故の動きが強いので
す。

また、韓国はいつの時代も「押し」の一手ですから。
折れることはないでしょう。
となると、河野外相がどれだけ「毅然とできるのか?」
そこに視線は集まりそうです。

日韓議員連盟と同じことを行い、将来の日本人を韓国へ
の『媚び媚び人間』に仕立て上げるのか。
それとも日本人にその誇りを自覚させる発言をするのか
注目でしょう。

でも、よく来ますね。
散々、貶めて手ぶらで、康京和外交部長官(外相)・・。



4 故金正日氏の命日、ミサイル発射なし!

17日は故金正日氏の命日です。
当時、心筋梗塞か。
と、報道では表れていたと思いますけど。
とにかく、今日は北朝鮮にとって特別な日と捉えており
ましたが、今のところ、弾道ミサイルの発射、あるいは
核実験はない様子。

まずは、よかった!「ホッ」でしょうか。

金正恩委員長が白頭山に登ったとか。
核開発関係者を讃えたとか。
何やら、大きなことをしでかすかもしれない?
と、案じましたが、本当に今のところは何もないですね。

ただ、15日の国連安全保障理事会では、米国と北朝鮮が
相互の主張で激しく応酬に至ったとありますから。
まだまだ、安心はできません。

注視でしょう。
注視しかできませんが・・。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 康京和

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ