オシマサが見る日々のできごと、2017年12月16日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月16日を振り返る

1 広辞苑、台湾を中華人民共和国としたい?
2 麻生太郎副総理、東京新聞を批判する!
3 韓国、有事の外国人退避に外国軍はダメ!
4 立憲民主党、巡航ミサイルいらん?

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 広辞苑、台湾を中華人民共和国としたい?

15日に話題になったもの。
台北駐日経済文化代表処(おそらく、背景に台湾政府が
あるのでしょう。)が岩波書店に対し、次の内容修正を
申し入れた!とあります。

岩波書店の広辞苑に、台湾を中華人民共和国の一つの省
で表現されていることに関して。

「やめてほしい」と。

もっと言えば、台湾が「中華人民共和国」の一部として
扱われていること。
これは「心外!」の思いなのでしょう。

対象となるのは第6版とあるので、第7班が来年の1月に
刊行するのであれば。
然るべき修正を行うことが望ましいかと。

これは台湾(中華民国)の思いだけでなく。
正しいことを学べない日本人の不幸でもありますから。



2 麻生太郎副総理、東京新聞を批判する!

15日記者会見時の話題として、ツイッターでも盛況です。
これは「東京新聞を批判する」・・致し方ないでしょう。
麻生太郎副総理の言葉にうなづくばかり。

確かに、東京新聞は「テロ等準備罪」含む改正組織犯罪
処罰法の審議時、否定的な論調で世間を騒がせていまし
た。

ところが、実際に成立施行後、結果を見ると。
大いに効果が上がっているにも関わらず。
東京新聞の姿勢に反省の念はまったく見られないのです。

つまり、「東京新聞はウソつきだったんじゃない?」と。
否定姿勢を取ったことに関して。
「謝罪がないじゃない!」と揶揄したものと思われます。

これは新聞と名乗るなら、責任ある姿勢で責任ある言葉
を用いるべき!
と言いたいのでしょう。

そして、この話題は東京新聞のみならず。
朝日新聞、毎日新聞などにも該当しそうです。



3 韓国、有事の外国人退避に外国軍はダメ!

これは15日に明らかにされたもの。
YAHOOでありましたが、元は産経紙ですね。

内容は韓国の半島有事における姿勢です。

とにかく、同国は在韓外国人避難・退避活動(NEO)で
あろうと。
米軍以外の外国軍航空機などの韓国への乗り入れは認め
ない様子。

そのためか、業を煮やして各国。
日本のみならず、豪州、カナダなどの国々はですね。

韓国が個別協議を望まないのであれば。
一括、「有志連合としてアプローチしたい」との動きを
持ち始めているとあるのです。

一方、韓国に目を向ければ。
それだけ、半島有事を「考えたくない!」との表れかも
しれません。
また、自国を外国軍隊に開放する姿を国内に見せたくな
い思惑も・・ですね。
左翼政権ですから。

この部分はもっぱら憶測ですけど。
韓国は弱いとの見方につながることを恐れているかも?


ともあれ、すでに米国のグラム上院議員の発言にも見ら
れるとおり。
米国は北朝鮮・金正恩政権が軍拡傾向をやめない限り。
軍事的な手法を取ることが予測されますから。

半島退避に関しては、できるだけ早く動いた方がよいの
でしょう。

同時に今回、明らかになった話は韓国への信頼感という
か、親近感を大きく損なったようにも見えます。

特に平昌オリンピックが開かれるとしても、有事対応で
韓国側の理解がないのであれば、関係国は安心して選手
を送り出すことはできないでしょう。

こんな感じで思いつくことがポツポツと生まれます。


NEO

Non-combatant Evacuation Operation
非戦闘員である人々の退避・避難活動



4 立憲民主党、巡航ミサイルいらん?

16日のできごと。
立憲民主党の枝野幸男代表は、巡航ミサイルの導入関連
経費の2018年度予算案に盛り込む政府案に関して。
お気に召さないようです。

その前に該当するミサイルはこちら。
報道に表れるものを丸めてまとめると、こんな感じかと。
(数値は報道に表れるものから目安的に叩いたもの。)


ノルウェー「JSM」

ノルウェーの生産品。
最大射程:500km
(Joint Strike Missile)F-35A搭載
空対地、空対艦ミサイルの二種類



米国「JASSM」

米国の生産品
最新バージョンを「JASSM-ER」と呼称。
日本はこちらを念頭に置いている様子。

最大射程:1000km
(Joint Air-to-Surface Standoff Missle)
F-15搭載 空対地ミサイル



米国「LRASM」

米国の生産品
最大射程:1000km
(Long Range Anti-Ship Missile)
F-15搭載 空対艦ミサイル


これらの大事なポイントは日本国内から離陸した戦闘機
が、基本的に空中給油をせず日本海上空などから北朝鮮
に対して。
巡航ミサイルの発射可能な能力を持てることでしょう。


巡行ミサイル 敵基地攻撃

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)

そこで、話を最初に戻しまして。
枝野幸男代表はこれを争点化したいようです。

事実上、反対の様子。
仙台で記者会見で語ったとあるのです。

理由は専守防衛を超える!
過剰防衛に至ると言いたげですが、近隣諸国で槍の長さ
が一番短い国は日本でしょう。

「韓国でさえ」の表現はよろしくないかもしれませんが
同国は弾道ミサイルもあれば、巡航ミサイルも保有して
いるとあります。

『玄武』シリーズと呼ばれるものです。

また、ロシアは択捉島と国後島に北海道の半分が収まる
射程のミサイルを持っているのです。
(昨年の11月産経紙)

日本はですね。
北朝鮮のみならず、周辺諸国から睨まれているのです。
そして、攻撃を仕掛けられる前に対処できる能力が一番
不足している!
防衛力が劣っている国は日本と思うのです。

それにですよ。
できるだけ、事前に対処できることが経済的にも安価な
ものになるでしょう。

「さあこい!」というのも、口で言うには簡単ですが。
必要な対処武器は無限に広がっていくでしょうし、撃ち
漏らしがあれば、日本のどこかが火だるまになるかして
破壊されるのです。

その点からも立憲民主党の党首がそのような発想では。
心もとない限りです。

国防を政局に用いる考え方は賢明な国民から見れば。
受け入れられることはないでしょう。

失礼ながら、政治家、不適では?と思うばかり。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 巡航ミサイル

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ