オシマサが見る日々のできごと、2017年12月5日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月5日を振り返る

1 国連事務次長、訪朝へ
2 ビジラント・エース(4日-8日)
3 秋田、山形沖で北朝鮮人の遺体発見 
4 4日の参院本会議
5 5日の衆院本会議
6 登野城尖閣
7 在韓米軍の家族退避

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 国連事務次長、訪朝へ

正直、出かけてみることに意味があるのか?
と思えること。
国連事務次長のフェルトマン政治局長が北朝鮮を訪問す
る話です。

北朝鮮の核・ミサイル開発について協議するとあります。
ですので、どのように流れていくのか。
今後の行方に関して、興味を覚えますが、期待はおぼつ
かない様子。

とはいえ、一部の見方を拾うと。
5日から8日までの訪問期間から『ビジラント・エース』
での偶発的事故からの戦闘発展への抑制が上がります。
これができると考えているのかもしれません。



2 ビジラント・エース(4日-8日)

これは4日からの継続したできごと。
多くの報道・メディアの内容を見ると。
参加航空機数は230機、その種類はこのように表れてい
ます。

1  F22(6機)
2  F35A
3  F35B
4  F15C
5  F16
6  EA18G
7  B1

※ EA18G:電子戦機



3 秋田、山形沖で北朝鮮人の遺体発見

4日のできごと。
この日も日本海で新たに秋田、山形沖で北朝鮮人の遺体
発見とあります。

亡くなったことに関してはお気の毒とは思いつつも。
これだけ多くの北朝鮮関連の漂流、漂着の話題があると
ですね。
日本海は漂うだけで日本に来る、それはあたりでしょう。

意図を持てば、日本に溶け込むことが可能であること。
これを表していると思いますが、政府、国会は何らかの
北朝鮮対応への立法化処置を取るのでしょうか。

注視でしょう。



4 4日の参院本会議

4日の参院本会議
これは大事です。
昨日取り上げ損ねましたが、本日持ち上げます。

内容はこちら。
「北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議」
これが採択された件に関して。

まず、採択は一歩、よかったというものでしょう。

気になるのは、安倍総理が北朝鮮への圧力強化や拉致問
題に関し、触れている際の野党議員の下劣なヤジです。
これには怒りを禁じ得ません。

少々腹立ちの思いも込めて表します。



5 5日の衆院本会議

もちろん、これです。
『北朝鮮による弾道ミサイル発射に抗議する決議案』

全会一致とのこと。
参院ほどの暴れ者はいなかったようです。



6 登野城尖閣

『日本の島』との意思表示は大切ですよね。
元々の地名に尖閣を付して『登野城(とのしろ)尖閣』
と表記の変更方針アリ。(産経紙から。)

4日のできごとですが、翁長沖縄県知事のていたらくを
見る中で、石垣市の行動は日本全国から支持すべきもの
でしょう。


オシマサ 尖閣

イメージ図はこちらから。
出典:国土地理院ホームページ
国土地理院地図の一部を加工
(http://maps.gsi.go.jp/help/
index.html#manual)



7 在韓米軍の家族退避

3日のできごとですね。
遅まきながら、これは在韓邦人の引き揚げにも関わる話
と考えますので取り上げます。

米国共和党のグラハム上院議員が米朝の軍事衝突が近づ
いているとの認識を示したとあります。

その際、在韓米軍家族の韓国国外退避を勧める発言も。
・・あったようです。
さらに国防総省に在韓米軍家族を韓国に送るな!とも。

このことが、米国、トランプ政権の方向性を踏まえての
発言なのかどうか。
それはわかりませんが、グラハム上院議員が軍事委員会
に属していることを考えると耳を傾けるべき性格のもの
と思われますね。


日本の報道・メディアはこの種の報道を相撲の話よりも
大きく取り上げるべきか・・と。

また、野党は国会を自己宣伝のために利用しないで欲し
いものです。
しっかり、この種の内容を耳に入れて、政府と向き合う
ことが望まれるでしょう。


※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 尖閣

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ