オシマサが見る日々のできごと、2017年12月3日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月3日を振り返る

1 民進党・小西洋之氏、平戸市長に横やり
2 北朝鮮、大気圏突入技術云々かんぬん
3 福岡市は釜山市と姉妹都市だった!
4 政府機関のウエブサイトの危機管理
5 中国・北京の人口流入抑制

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 民進党・小西洋之氏、平戸市長に横やり

11月27日『朝日新聞の購読やめ』とツイッターで触れた
平戸市長・黒田成彦氏に民進党・小西洋之氏が横やり
入れた様子。

この話、今後、どう発展するか追いたいものです。
ですが、平戸市長のツイッター上の文を見れば、自ずと
同市長に軍配は上がるかと。
まっとうに見えますから。

そもそも、小西氏は他者をとやかく言う前に、『亡命』
の話を何とかすべきでしょう。



2 北朝鮮、大気圏突入技術云々かんぬん

北朝鮮が11月29日に発射した弾道ミサイル『火星15』
に関して。
弾頭部分が大気圏への再突入時、いくつかに分解した!
可能性がある様子。(産経 3日)

これを額面どおり受け止めればですよ。
いざ米国、あるいは日本を狙った際、大気圏への再突入
が上手くなされず、核爆弾としての形を伴って落下をす
る怖れは低いと見てよいのでしょう。

ただ、バラバラと核物質などが落ちて来るでしょうから。
これで「よかった」ではないと思いますが。
見識のある方はどのように捉えますか!



3 福岡市は釜山市と姉妹都市だった!

ツイッター見ていたら、発見です。
知っている人は知っている話でしょうけど。
『福岡市は釜山市と姉妹都市だった!』
※ 2007年(平成19年)2月2日

今まで福岡市がチョボチョボと、釜山市に日本領事館
前の慰安婦像の設置に不快感を示していた以上に。
驚きでしたね。

それなら、もっと「大きく動けばよかったのに!」と。
あと付けで思うわけです。

そして、現在はおそらく大阪市の動きを見て。
「これはまずい」と思ったのでしょう。

ともあれ、直接渡韓して行動を起こすようです。
今年中に市の幹部を派遣、慰安婦像への懸念と撤去への
尽力を求めるとありますから。

でも、二月の大使、総領事の帰国でも何ら進展がなかっ
たのです。

姉妹関係解消まで念頭に行動すべきかも。
ともかく、最善を尽くして欲しいものです。



4 政府機関のウエブサイトの危機管理

政府機関のウエブサイトの危機管理。
これを問われる状態がある様子。
要は改ざん、盗み見の可能性が大いにあるということ。

報道(日経 3日)にあったものですが、極めて重症の
状態に映ります。
日本の政府機関のウエブサイトは「お好きにどうぞ」に
見えるのですから。

具体的には『中央省庁の8割弱が閲覧中の不正介入を防ぐ
暗号をサイト全体に施していない(日経引用)』と表れ
ています。

おそらく、この状態は報道にも表現されていますが。
まず、専従者の人員が少ないこと。

さらに考えられることは、インターネットに関する知識
保持者が、傾向として高齢に向かうほど少ない。
これが大きいのではないでしょうか。

つまり、理解できないから、ウエブサイトの管理の大変
さを認めることができず、その業務がおざなりにされる
流れがあるのかと。

とにかく、この手の話はですね。
国の機能の保全に関わることですから、マスコミでも何
でも気が付くなら、ビシバシご注進のような感じで触れ
ることが望まれるでしょう。



5 中国・北京の人口流入抑制

中国は「怖いなあ」と思うできごと。
中国政府は北京に流れ込む人口抑制のために農村部から
流入した労働者の住居を対象に。
違法建築を理由に撤去しているとあります。
(北京市大興区西紅門鎮)

これは産経と日経ですね。
この類の内容を表したのはこの二紙だけかもしれません。
ちなみに産経は11月27日です。

ネットではちらほら上がっていましたけど。

理屈は一応、環境改善や交通渋滞の解消になっています
が、それはあと付けで恰好はつけられるのでしょう。

もしかすると、北京周辺の就労状況、経済状況が悪化し
ていることも考えられますね。
要は職を失い無頼の民と化すことを、中国政府が怖れて
の対応かもしれません。

中国であれば、想像に難くないか!
と、憶測ながらも。

※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 辻元清美

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ