オシマサが見る日々のできごと、2017年12月1日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年12月1日を振り返る

1 ティラーソン国務長官の更迭?
2 韓国政府の北朝鮮への人道支援
3 皇室会議
4 トランプ大統領、ツイッターで北朝鮮・・
5 韓国、特殊任務旅団の編成

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。


1 ティラーソン国務長官の更迭?

ホワイトハウスではティラーソン国務長官を辞任、後任
としてポンペオ中央情報局長官を充てる考えがあるよう
です。
実行の日はわかりませんけど。

いくつかの報道でも表れていますから、おそらくはその
流れで進むのでしょう。

そこで影響としてはティラーソン国務長官は、融和的な
姿勢が目立っていたので、今後はより実力行使を前提に
した動きが加速するかもしれません。

昨日のトランプ大統領のツイッターで見られた表現から
合わせ見ると、「いよいよ」といった感じが強くなりま
す。

※ ティラーソン国務長官更迭はフェイク!は翌日へ。



2 韓国政府の北朝鮮への人道支援

これは産経紙の報道で見たものです。
韓国は日本に『北朝鮮への人道支援』を行う旨の通知を
していた様子。

そして、これは11月29日の弾道ミサイル『火星15』。
こちらの発射前のできごと。

ただ、問題は昨日、11月30日に国連安全保障理事会の
緊急会合が開かれ、米国のヘイリー国連大使が北朝鮮と
「関わりを持つな」と各国に触れていますからね。

韓国はこれに沿った行動ができるか、注視となりましょ
う。



3 皇室会議

本日、09:45頃から宮内庁で皇室会議が開かれたとあり
ます。

今後の流れとしては、ほぼこれで確定の様子。

 天皇陛下のご譲位  2019年4月30日
 皇太子殿下のご即位  2019年5月1日

他にこのような話もありますね。

『新元号』に関して来年中に公表、皇太子殿下の即位に
合わせて施行へ。

※ 皇室会議は首相含め計10人


皇室会議

『皇室典範』第5章、第28条に示されるもの。
〇 皇室会議は、議員10人でこれを組織する。

1  皇族
2  皇族
3  衆議院議長
4  衆議院副議長
5  参議院議長
6  参議院副議長
7  内閣総理大臣
8  宮内庁の長
9  最高裁判所の長の裁判官
10  その他の裁判官

他、『皇室典範』第28条にはこのように表されています。

議員となる皇族及び最高裁判所の長たる裁判官以外の裁
判官は、各々成年に達した皇族又は最高裁判所の長たる
裁判官以外の裁判官の互選による。

また、第32条ではこのとおり。
皇族及び最高裁判所の長たる裁判官以外の裁判官たる議
員及び予備議員の任期は、4年とする。



4 トランプ大統領、ツイッターで北朝鮮・・

やっぱり、「こう捉えているんだ」と思った内容です。

『中国の特使(習近平国家主席の特使)。
北朝鮮に(行って、)帰ってきたけど。
小さいロケットマンから何の反応も得ることがなかった
ようだ。』

『北朝鮮の人民と軍隊は信じがたいたいね。
あんなひどい状況で生きることを我慢して。
ロシアと中国は発射を非難したかな。』

・・ってな感じ。



5 韓国、特殊任務旅団の編成

1日に韓国は特殊任務旅団の編成をしたとあります。
(時事ドット)
これは北朝鮮・金正恩政権に対してのいわゆる斬首作戦
を行うための部隊の様子。

核攻撃の兆候を察知した場合。
平壌へ侵入、金正恩はじめ朝鮮労働党の要人を排除する
とのこと。

ただ、実行の可能性はいかに?
兆候を察知してからでは遅いのでは。
この類の役割は常時潜んでいないと、達成は難しいと。
門外漢ながらも思うのです。

※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。
オシマサ 北朝鮮

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ