オシマサが見る日々のできごと、2017年11月22日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月22日を振り返る

1 安倍首相、平成31年5月1日で改元か?
2 韓国への通貨スワップの動きってアリ?
3 米国は韓国に緊急輸入制限をかけるか
4 米軍輸送機C2墜落
5 衆院予算委員会、質問時間5対9
6 米国独自制裁

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。



1 安倍首相、平成31年5月1日で改元か?

12月1日、皇室会議開催へ。
改元日程に関し平成31年4月1日と同年5月1日の二案が
提示と見られながらも、安倍首相は、平成31年5月1日
で改元を図りたい様子。(複数の報道から)

背景に平成31年4月の統一地方選が関係するかもしれま
せん。



2 韓国への通貨スワップの動きってアリ?

産経紙を見ていると、「ホントですか」と思いたくなる
記事があります。

韓国が日本へ通貨スワップをねだりに来る!
そうした内容のものです。

韓国は10月末に中国と通貨スワップの期間延長を図って
いますが、さらに11月にはカナダとも結んでいます。

ただ、それだけでは韓国通貨・ウオンが下落時の対応と
しては不十分らしく。
そのため、日本に「どうかな」とおねだりが予測される
というもの。

確かにカナダの通貨は国際決済通貨とは言えません。
となれば、基軸通貨の米国ドルとの交換は容易ではない
でしょう。

そこで、結局、韓国はドルの融通を確保するため、国際
決済通貨の『円』を求め、日本との通貨スワップ再開を
得たい考えかも。

ただ、イヤですよね。
韓国はいつもウソをつくし、約束は違えます。
また、調子よく、日本が利用されるだけに見えますので
しっかり政府には対応して欲しいと思います。



3 米国は韓国に緊急輸入制限をかけるか

これは先月10月に米国際貿易委員会(ITC)の公聴会で
韓国企業がセーフガードを否定していた件の続きと思わ
れます。

結局、ITCは韓国の製品輸入に関して。
不当廉売との判断を持ちつつある様子。(産経22日)
トランプ大統領にセーフガードを勧告とありますから。

いよいよ真剣味を帯びてきたのでしょう。
米国産の保護に向けて。
とにかく、今はサムスンとLGの白物家電がやり玉に挙が
っている様子。

そして、通商法201条の発動に向かうのか。
それはいつか、注目でしょう。

※ セーフガード:緊急輸入制限



4 米軍輸送機C2墜落

22日午後のできごと。
「沖ノ鳥島」北西150km、「沖大東島」の南東530キロ
付近で米軍の輸送機C2が墜落した模様。(双発レシプロ)


オシマサ 沖ノ鳥島


11人搭乗、8人救助、3人不明といくつかの報道では表れ
ています。

「ロナルド・レーガン」の艦載機とあり、日米共同演習
に参加していたともあります。
詳細はわからないものの、米軍の補給整備、また将兵も
疲労が溜まっていると考えられないでしょうか。

現場の環境に思いが至ります。
まずは早期の救助を願うばかり。



5 衆院予算委員会、質問時間5対9

結局、自民党は当初の考えから折れましたね。
(読売他 22日)
議席数から始まり5対5、そして5対9へ。
(27,28日、7時間ずつ審議を行うとあります。)

実際は少し、積み増したとは思いますけど。
でも、最初の拳の振り上げが高かったからですね。

選挙で勝っても、国会での指導力がこれでは、次の選挙
に影響しませんか。
期待しても、質問時間すらままならないのであれば。
何ごとにおいても野党にやられっぱなしではないかと。
残念です。(議決以外が対象)



6 米国、独自制裁

21日、米国(財務省)は独自制裁を科す考えを明らかに
した様子。
これは北朝鮮への『テロ支援国家』再指定に倣ったもの
でしょう。

対象範囲は中国の個人1人、企業4社。
そして、北朝鮮の政府機関と企業の計9団体に加えて
北朝鮮船籍の船舶20隻となっています。(産経 22日)

米国としては周到に準備して、対象とする時期を見計ら
っていたのでしょう。
かなり手際がよいように見えます。

ともあれ、過去最大水準の追加制裁と評しただけあって
北朝鮮、またそれを支援する中国などの企業には「容赦
しない」姿勢を示したと思われます。

そして、ここで日本は何ができるか?
あるいは何をすべきか?
問われているとも思いますが、政府の動きを注視です。



※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 独自制裁

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ