オシマサが見る日々のできごと、2017年11月20日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月20日を振り返る

1 中国特使、宋濤部長は金正恩委員長に会う?
2 トランプ大統領、メキシコ国境の壁へ注力
3 衆院与野党の質問時間を5対5は如何に
4 韓国、安倍首相の訪韓要求
5 黄炳瑞総政治局長、シバかれる?
6 宮古島の陸上自衛隊駐屯地整備始まる
7 北朝鮮ヤルか、年内に米本土へミサイル

少々、事象の発生日は当該日より前のものもありますが
気にせず続けます。



1 中国特使、宋濤部長は金正恩委員長に会う?

中国特使、宋濤部長は金正恩委員長に会う?と見ていま
したけど。

そして、本日の目玉はここかと思いましたが、特に目立
つものはなかったようですね。
少々期待外れ?



2 トランプ大統領、メキシコ国境の壁へ注力

トランプ大統領のツイッターを見たのです。
お怒りの様子。
メキシコ国境で国境警備隊員が殺傷を受けたとあります。
一人は殺害され、もう一人は重傷。

国境への壁づくりに意識が強まったことは間違いないで
しょう。

『南部国境で、国境警備隊員が殺され、ひどく傷ついた』
『探しだし、法廷に引き出す』
『壁は作る!作らねばならない!』

ですよね。



3 衆院与野党の質問時間を5対5は如何に

与党、自民党は衆院の与野党の質問時間を5対5とする
考えを野党側に提示したとあります。
ただ、野党は今までの2対8が妥当と固執している様子。

どうなんでしょうね。
今までの国会での質疑質問を見ても、野党、特に反日色
が強い民進党関連政党、自由党、社民党、共産党の4党
は非生産的な発言が多く、議会をかき回すだけに見えま
すけどね。

となれば、5対5でも十分、与党は気を使っているように
思いますが。
ちなみに今は先回の折衝で1対2になったようですが。

これは従前との変わりはほとんどありませんから。
自民党が提示・提案したことは当然でしょう。



4 韓国、安倍首相の訪韓要求

この話題は今ではなく数日前のできごとのようです。
とはいえ、今後につながることですので、取り上げてみ
ました。

韓国は平昌オリンピックを契機に日本が韓国に折れたよ
うな印象を自国民に見せたい様子。
シャトル外交が円滑に進めやすくなるなどとと報道では
韓国側の意図を伝えていますが、どうでしょうね。

今までの韓国側の姿勢を見る限り、決して友好、協調を
考慮したものには見えませんが、然るべき人達にはどの
ように映っているのか、興味を覚えます。

先日のトランプ大統領の訪韓時で見られた竹島のエビと
慰安婦バアチャンの登場は、いかようにフィルターを挟
んで見ても、日本への挑戦的な姿勢以外、何物でもない
ことはよくわかると思うのです。

他に世界へ慰安婦を発信し続けている現実があるのです。
ここは軽々に訪韓の動きを示さないことを願いたいもの。



5 黄炳瑞総政治局長、シバかれる?

理由はともかく、北朝鮮の黄炳瑞総政治局長がその立場
を危うくする状態に陥っている様子。

崔竜海党副委員長はじめとした党の指導部が総政治局長
の姿勢を咎めている展開か?

権力争いか、それとも米国と和議、対話を求める勢力の
粛清に動いたのかも。
もちろん、これは憶測です。

ただ、対話を図りたいとするグループの排除であれば。
米朝の武力衝突の回避は望み薄でしょう。
あとは、いつ、時期だけになると思われんますから。



6 宮古島の陸上自衛隊駐屯地整備始まる

宮古島の陸上自衛隊の駐屯地整備が始まったようです。

700-800人の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊を
置く計画とあります。

ですが、それはそれとして、後方支援というのか。
補給に関する分野もしっかり!
と、離島の特性考慮の組織になることも願いたいもの。



7 北朝鮮ヤルか、年内に米本土へミサイル

これって、韓国の国家情報院が発したもの。
だからと言って軽視するわけではありません。

が、米国へ向けた弾道ミサイルの発射の可能性は、時期
云々があるだけで以前から言われてきた話でもあります。

ですので、それほど驚くようなものではないでしょう。

ただ、韓国がこれを言い出したからには、相応の対応を
かの国が見せるのか、関心が高まるところ。
韓国国内の動きを注視しましょう。



※ 番号は一連です。

今回は時間切れでここまでになりました。
他にもありますが、まずは「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げています。

オシマサ 爆撃機

オシマサ、僭越ながら斯く思うのです。

(再見)

2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変
わります。
監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思い
ますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)


スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ