オシマサが見る日々のできごと、2017年11月11日を振り返る!


スポンサードリンク


オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月11日を振り返る

1 韓国、「インド太平洋戦略」はイヤ?   
2 TPP11、新協定案と閣僚声明を発表へ
3 米空母3隻が日本海などで訓練を開始 
4 電波オークション 

少々、事象の発生日は当該日より前のものもあるが気に
せず続ける。



1 韓国、「インド太平洋戦略」はイヤ?

9日、10日、とワイワイらしい。
韓国はどうやら、トランプ大統領が同地を去ったアト。

同大統領が訪韓時に文在寅大統領の耳に入れたとされる
『自由で開かれたインド太平洋戦略』は「聞いてないよ」
的な姿勢を示しているらしい。

まあ、この気持ち、わからないでもない。

何と言っても、この戦略の出元は日本だ。
それだけでも、韓国の文在寅大統領は「聞きたくない」
であろう。

しかも、この戦略の描く姿はこのように映る。
米国、オーストラリア、続いてインドと、さらには東南
アジア諸国などを巻き込み、太平洋、インド洋へ向かい
たいとする中国を押さえ込む形のもの。

となれば。
今の韓国ではトランプ大統領に首脳会談で「どうや?」
と言われ「イエス、サー」とはならないだろう。

一応、その場繕いの言葉を出したとしても・・だ。

何と言っても、韓国は中国に進出して、その市場に関わ
る度合いが大きいのだ。
しかも、中韓スワップも三年延長が決まったばかり。

ここでトランプ大統領の訪韓を受けて、文在寅大統領が
「よっしゃ!」となれば、中国側の報復は想像に難くな
いのだから。

困った話と捉えているだろう。
特に、言い出しっぺの日本に対しては。

ともあれ、韓国が中国側に立つ、そして、向かうことは
間違いなく。
北朝鮮への対応・圧力重視の日米韓の動きは、中国によ
る韓国への圧力で徐々に骨抜きになりそうだ。

そんな成り行きが頭に浮かぶが、どうであろう。



2 TPP11、新協定案と閣僚声明を発表へ

カナダはあれかな、東洋人に仕切られるのがイヤかも?

取りまとめが性急という話もあるようだが、米国ならば
問題なく進んでいたものを。
NAFTAがあるとはいえ。
土壇場であれこれは不思議な感じはする。

ともかく、10日の夜にはこのようになったとの報道が多
いようだ。

TPP参加11カ国は10日午後に開いた閣僚会合で、新協定
(TPP11)の発効で大きな流れで合意を再確認したとあ
る。

また、首脳会合は流れたようだ。
ただ、情報が錯綜している様子。
要はよくわからない・・ということ。
明日まで、明確なものが伝わるには時間がかかるのかも
しれない。



3 米空母3隻が日本海などで訓練を開始

11日-14日まで日本海を含む朝鮮半島周辺海域で米空母
3隻など韓国の海軍艦艇を交えての訓練が始まったよう
だ。

1  ロナルド・レーガン
2  ニミッツ
3  セオドア・ルーズベルト

いくつかの報道を見ると、韓国海軍とも行うが、海上自
衛隊とも行うらしい。

ただ、三国との合同訓練はないようだ。

韓国側の日本を同盟国とは認めないとの考え方によるも
のか、それはわからないが、とにかく個別に行う様子。



4 電波オークション

10日、総務省において「電波有効利用成長戦略懇談会」
の議論が始まる。
公共用周波数・電波有効利用の考えがどこまで進むのか!
野田聖子氏のもとで可能なのか、どうか注目。
まずは様子見であろうか。



※ 番号は一連、できごとの関心度の高低を表さない。

他にもあるが、まずは俺が「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げた。
ということで、ここまで。

オシマサ 韓国

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)

スポンサードリンク


 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ