オシマサが見る日々のできごと、2017年11月4日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月4日を振り返る

少々、事象の発生日は当該日より前のものもあるが気に
せず続ける。



1 日本は武士の国

2日(米国)のできごと。
トランプ大統領は記者とのやり取りでこんな感じで語っ
たらしい。FOX。

「日本は武士の国。中国はじめ他にも言うよ。北朝鮮と
の関わる事態がこのまま続くことは、日本と問題を背負
うことになるのだよ。」

これって、受け止め方はいろいろだけど。
さっくり、俺はこのように見ている。

〇 北朝鮮問題であてになるのは日本(外交)

〇 日本に北朝鮮への対抗手段を持たせる!核とか。
(米軍は持っているので、自衛隊の核武装化へ。)

〇 北朝鮮への対応を真剣に考えているのは日本
(一つ目と似るが、制裁などの実行動)

〇 韓国、中国、もっと北朝鮮へ強く出ろ! 

中でも四つ目を強調したいのかもしれない。
アジア訪問する際に色よい返事を「頂戴?」ではないか。

勝手な想像だが、どうだろう。
ともあれ、すでにトランプ大統領はホワイトハウスを出発
ハワイに向かったとある。(4日08時ころ)



2 トランプ大統領のツイッターアカウント消える

トランプ大統領のツイッターアカウントが一時的に消え
たらしい。(米国2日夜)

嫌いだからかどうかわからないが、手順を踏まず勝手な
削除は許されないと思う。

当初はツイッター側が誤った操作をしたためとあったが
その後、社員が意図的に行ったものとして表れていた。

いくつかの報道では11分ほど焼失したとある。

他のSNSを運営する企業体も怪しい社員を抱えているか
もしれない。

ユーザーはそうした視点も持つべきか。
残念だが、そんなことを考えさせる事例だ。



3 防衛省、宇宙監視レーダー設置方針アリ!

防衛省は宇宙空間を飛行するデブリ、そして中国の衛星
破壊兵器対応として、宇宙監視レーダーを山口県の航空
自衛隊基地に設置する考えがあるらしい。

これに関してはすでに平成30年度予算の概算要求に表れ
ているようだ。
宇宙監視システムの設計経費として44億円とある。
調査設計費にあたるのか。

詳細はわかる由もないが、財務省説明を終えているなら。
閣議決定の項目に入ってくるのだろう。
そのように映る。

ちなみに報道では35年度からの運用とあるので、空自の
組織改編の話も今後出てくるのかもしれない。



4 文在寅大統領、日本の防衛力増大を望まず

一般論としてはそうかもしれないが、すでに竹島の占領
状態を考えると。
同大統領にとやかく言われることでもなかろう。

ましてや、北朝鮮の核・ミサイルの脅威で、日本が名指
しで「火の海」にするなどと言われているのだ。
日本は同大統領の言葉に惑わされずしっかりとした歩み
を持って欲しいものだ。

ちなみにこれはシンガポールのテレビ局の質問に対して
文在寅大統領が答えた内容の一つとある。
3日のできごと。
(読売、朝日4日)



5 韓国は日米との軍事同盟に否定的?

どうも、韓国はこの期に及んでも中国の顔色を見ないと
前に進むことができないようだ。
それどころか、徐々に米国から離れていくような姿を醸
し出しているかに見える。

別の話だがトランプ大統領の訪韓時の警備レベルも最低
に下げるとあるからだ。(東亜日報2日)

テロ警戒のものであろう。
何とも妙な話だが・・。

心底では米国が日本によりよい対応をするなら。
韓国は中国に傾いた姿勢で見返してやる!
と、でも、言いたいのだろうか。

もし、その見方があたっていれば。
何とはなくだが、いじけた子供の動きに見えてくる。

前項と関連するが、大元の記事と思われる中央日報には
「日米韓の連携が三国の軍事同盟に発展するのは望まし
くない」との趣旨で文在寅大統領は答えている!
と映るからだ。(中央日報3日)

しかも、康京和外相の先月末、韓国国会で触れた三点の
内の一つ。
『THAAD(サード)の追加配備を検討しない。』


オシマサ 武士の国


となると、これをベースにするということであれば。
ずいぶんと今までの日米韓の連携は後退するように見え
るのだが。

ともあれ、トランプ大統領の訪日、訪韓時の発言は注目!
であろう。



※ 番号は一連、できごとの関心度の高低を表さない。

他にもあるが、まずは俺が「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げた。
ということで、ここまで。

オシマサ 武士の国

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ