オシマサが見る日々のできごと、2017年11月3日を振り返る!



オシマサのハグレへ、ようこそ!

2017年11月3日を振り返る

最初に11月3日は文化の日、明治節。
※ 明治節とは明治天皇のお誕生日のこと。

そして、本文に入る。
少々、事象の発生日は当該日より前のものもあるが気に
せず続ける。



1 イバンカ氏、来日続き

イバンカ氏、日本へ。
3日、都内で政府主催の「女性が輝く社会に向けた国際
シンポジウム」で講演を行っている。


また、安倍首相はその際、イバンカ氏が設立に関わった
女性起業家支援の基金へ。
5千万ドル(約57億円)拠出表明へ。

ただし、これは既定の話。
あらためて、安倍首相がその場を借りて再度表しただけ。

(これはさる7月のG20で5千万ドルの拠出は明らか済み。
また、ドル建ての拠出金であり外貨準備から出した性格
のもの。)

ともかく、日米の距離を近しくしている様子。
政治家はこうした感覚は必要なのであろう。

なお、同氏は4日に帰国、トランプ大統領と入れ替わり
になるようだ。
そして、ホワイトハウスを主(あるじ)のいない間。
守る!

そういうことかもしれない。

ともあれ、イバンカ氏、きれいな女性であるとともに。
行動力のある方に見える。



2 玉木雄一郎氏、共同代表選挙へ立候補へ

これは2日の話。
玉木雄一郎氏は希望の党の共同代表選挙に立候補するよ
うだ。
志は高くか。

だが、争点を見ると、これでよいのか!
という思いにもなる。

安全保障関連法や憲法9条改正の是非だ。
そもそも、これを是として立ち上がった!
希望の党ではなかったのか。

それで先の衆院選挙を戦ったのであろう。

今さら、それを「ごめん、そうじゃなかったよ」という
姿勢を示してよいのか。
何ともアトだしジャンケンが目立つ。



3 米軍B-1Bが韓国江原道で訓練実施

これも2日の話だが、3日に表れていた。
米国空軍のB-1Bが韓国に飛来して江原道あたりで訓練を
行ったようだ。


オシマサ 玉木雄一郎


地図を見ると江原道は韓国の日本海側の地域だ。
しかも、北朝鮮と分割した地域、つまりDMZで北朝鮮と
接する。

かなり、北朝鮮に刺激を与えているのかもしれない。
しかし、報道で表れたのはこれで三回目か

また、今回の訓練は数日前からミサイル発射の動きあり!
と報じられていたこと。
加えて、トランプ大統領のアジア訪問。
これらに関連した北朝鮮の挑発行動を防ぐ目的を持つの
かもしれない。

なお、報道の中にはB-1Bが韓国のみならず、日本とも
協同訓練を行ったとある。
自衛隊も半島有事への備えを深化させているのか。



4 米国、北朝鮮へ武力行使決定時、日本へ通知

マクマスター大統領補佐官の発言。
米国が北朝鮮に向けて武力行使決定時、日本へ知らせる
考えがある様子。(NHK 3日)

他にも「北朝鮮への脅威評価は完全に連携している」と
もある。
これから日米首脳の信頼関係が厚いことはわかるとして
それがいつの時点になるのか、気になるところ。

もっとも、政府がそれを承知し国民に知らせる内容では
ないと思うので、防衛省・自衛隊が慌ただしくなったら
そうなのかもしれない!
と、勝手に頭の中ではビットが立つ。



5 北朝鮮をテロ支援国家に再指定か?

これは2日の話。
米国は北朝鮮を再びテロ支援国家に指定するかもしれな
い。(産経 3日にもある。)
マクマスター大統領補佐官から出たとされるが、今年の
2月のマレーシアで起きた金正男氏殺害が契機に見える。

どうやら、猛毒の神経剤VXの使用をテロ行為と判断して
の様子。

だが、今後の米国の動きに目は向くものの。
指定した場合の制裁の効果は、どう生じるのだろう?
そして、それは従前にも増して重くなるのだろうか。

その点は気になるところ。


※ 番号は一連、できごとの関心度の高低を表さない。

他にもあるが、まずは俺が「いやはや、なんとも」と思
うものを取り上げた。
ということで、ここまで。

オシマサ 玉木雄一郎

俺、オシマサ、僭越ながら斯く思う。

(再見)


 拙の考える糧 

 

ここでクリックしなくていいですよ。

関心のある方、メモしてね!



 関連記事はこちら! 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ