「労働するなら」の記事一覧(2 / 4ページ)

新入社員でもう辞めたい・・転職したいとこぼす人もいるそうだ!でも、次の職場の志望動機に困るぞ!

新入社員(フレッシュマン)が職場の雰囲気、仕事の内容に幻滅したのか?辞めたい、転職したいと考える人が出てきているらしい。だが、次の職場の志望動機に困るぞ!

「労働基準法等の一部を改正する法律案」【残業代ゼロ法案】と揶揄する民進党ほか野党は変か?

昨年9月末継続審議入りの「労働基準法等の一部を改正する法律案」はどう?民進党はじめ野党が揶揄する「残業代ゼロ法案」休憩時間とブラック対策もあるのだが・・。

スーパーマーケットの非正規雇用で働く知り合いを見ながら俺の経験を思いだす! その心は体力勝負の仕事だ!

非正規雇用 パートタイマー

いたずらにスーパーマーケットが大変だ!と言うつもりはありませんが、非正規雇用のパートタイマーで入社すれば、自分自身に「耐性」「堪え性」の要素があるか考え、体力勝負と心得るべき。

桜の花に気が付きつつ サブロク協定と時間外労働の限度に関する基準を意識する!(37日目)

サブロク協定 時間外労働

サブロク協定は、使用者が労働組合あるいは労働者の過半の代表者と書面の協定を結び、労働時間の延長及び休日出勤の時間外労働をさせるもの。労使協定であり、労働基準監督署に届け出をします。

経歴詐称のショーンK 氏・・週刊文春の直撃弾はかわせなかったか?

経歴詐称・・学歴詐称、就職でのウソはイカンよ。「経営コンサルタント」ショーンK(ショーン・マクアードル川上) 氏・・週刊文春の直撃弾はかわせなかったようだ。

来日予定のウルグアイのホセ・ムヒカ氏 「世界でいちばん貧しい大統領」の絵本の人だ! 俺は不撓不屈の精神を学ぶ?

今回は「世界でいちばん貧しい大統領」の絵本で知られる・・来日予定のウルグアイ東方共和国のホセムヒカ氏。実際は質素と言う方が正確か。そして、不撓不屈の姿が目に映る。

『稼ぐ』方法はネットやらいろいろ! でも相手が喜ばないとダメだった オシマサの過去の仕事!(35日目)

稼ぐ 方法

生真面目に『稼ぐ』 について考える。『稼ぐ』方法はネットやらいろいろあるのだ。でも相手が喜ぶことが大事である。俺の経験、オシマサの過去の仕事から。

太鼓持ち芸人か? ヨイショ 幇間 男芸者 いいね! 面接はコミュニケーション作戦だ!(34日目)

かつては太鼓持ち芸人、ヨイショ 幇間 男芸者と呼べる職業があったらしい。つまりお金を払ってでも、持ち上げて欲しい人が、世の中にはいるってこと。これは今も変わらない。形は違うが面接も担当を喜ばせるコミュニケーション作戦だ!

転職40代 再就職活動の今回のテーマは時代の流れを考える! 面白いのは再びホリエモンの『本音で生きる』 ・・刺激アリ!

転職・再就職を考えている人間は、よほど時代の流れを意識しないとダメかもしれない。当然だが、世の中は間違いなく前進している。ホリエモンの『本音で生きる』を読み、よりその意識を深めるのだ。

接客対応・・小売店の女性の対応がとても勉強になる! 40代転職・再就職活動(32日目)

オシマサの40代転職・再就職活動、今回は接客対応だ。実は小売店の女性の対応がとても勉強になる!先生なのだ。

転職・再就職活動の面接帰りに堀江貴文さんの「本音で生きる」を読んでみた!元気出る!(31日目)

面接 自己PR

40代の転職・再就職の身の置き場は狭い。そんな気分の帰り際に。以前から気になっていた堀江貴文さんの「本音で生きる」を買った。心情にマッチングしたのか、一気に読み上げてしまった。

面接実践「志望動機」「マナー」「自己PR」等々 やってみてわかる『40代の転職・再就職』の反省(30日目)

面接 自己PR

面接実践『40代の転職・再就職』の反省!やってみないとわからない。そして、面接実践「志望動機」「マナー」「自己PR」など「振り返る点」多し。

なしのつぶての不安 履歴書送付後の面接可否 返信連絡あり・なしのところは千差満別!40代の転職・再就職だよ!

40代の転職・再就職の道しるべ?履歴書と職務経歴書送ったアトのこと。面接可否 返信連絡の有無は千差満別だけど「うん」とも「すん」とも返事がない場合。そんなところは基本的にダメ。

40代男の転職・再就職のための行動(力)指向先はどこか? ハローワークか? 民間就職情報誌か?(28日目)

40代 転職

悩みはしないが問題点か?40代男の転職・再就職のための行動(力)指向先はどこだろう?ハローワークがいいか?民間就職情報誌か?結局、両方だ!俺、能天気なのだ。

部活顧問もブラックで悩む時代! 形態もいろいろだが過重労働から逃れるには勇気と法的根拠か!(27日目)

部活顧問のブラック化?共通点は過重労働・違法労働を強いるところか。だが、過重労働と不当な扱いから逃れるには勇気と法的根拠!どんづまりの人は民法の第627条と弁護士先生へ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ