About オシマサ

オシマサは現在三代目。

詳細はウイジェット欄をご覧ください。
(あるいは本サイトの正面ページ「ようこそ」)

以下は参考。

オシマサって、何だ?

ここではオシマサに触れる。
もちろん、俺のこと。

まず、俺は元来、社会、政治に関心があるわけではなかった。
(もっとも、まったくないわけでもなかったが。)
ある日突然、仕事を辞めてからだ。
無性に関心を持つようになった。

それは時間ができたということもある。
何せ、職場に向かう必要がないのだ。
今まで以上に新聞も情報誌も読める!
さらにはインターネットで調べることもできるようになった。

おかげで耳年増と自分で思えるぐらいに社会・政治のできごとをキャッチできるようになる。
また、関心を持つことになった。

そして、ある時、気が付いた。
意外と、というか。
俺自身が今まで気が付かなかっただけかもしれないが、結構、世の中、矛盾が多い!
ということ。

あるいはおかしいと思うこと。
もちろん、それは俺が思うだけかもしれない。

とはいえ、何か気になってきたのだ。
たとえば、外国から何かといろいろと要求を受けるとか。

朝のワイドショーのように政府批判が常態化?しているように見えたりとか・・だ。

この点でもう少し言えば、テレビ局、新聞、週刊誌の影響力がとても大きい!とか。

もちろん、これは定規で線を引いたものではない!
なんとなくだが、そんな感じで世間が見えてきたというわけだ。

ものごとをよく知っている方々から俺を見れば「何をいまさら」となるのかもしれない。

だが、そういうことなのだ。

さらに気が付くことは。これだ。

まず、今の日本人は毎日電車に揺られ、職場に向かう者(俺も時々そうだ)。
そして、自営業で懸命に生きる者。
その他、多種多様な道で、前を向いている者が大半と思う。

だが、それらの人々のことを真剣に考える政治家は少ないと思う。

いや、皆無とは思わないが、昨今報道に表れるものを見る限り。
「大丈夫か?」と思いたくなる政治家が目に付く。

特に、それは国会中継を見ればわかる。
バカ騒ぎを行う議員が多く映るからだ。

一歩下がって、バカ騒ぎは言い過ぎとしてもだ。
パフォーマンス主体の政治家・議員先生が多いとは思う。

もしかすると、当人は違うと言うかもしれない。
しかし、少なくとも俺の目にはそのように入る。

それで俺は決めた。
ちっぽけな俺の声など、誰が傾けるものか!
という思いもアリながら、何か発信してやれ!
・・と。

そこで最初、先ほども触れたとおり、仕事を辞めて無職の身になった。
ゆえに職業安定所に足を向ける日々が生じた。
つまりハローワークだが、そこで出会った人の声を拾い上げてみることにした。

それがこのブログのはじまりだ。

すると、ハローワークで出会った同じような境遇の方が、妙に共感してくれた。

そして、ネタというか。
情報をを提供してくれたのだ。
ゆえに、俺はその方を今でも先代と表現している。

そのうち、その方、先代も新たな道を歩まれたので、途中からだが、俺が二代目として名乗り。
自由気ままに言葉を並べているわけだ。

なお、文章は当初かなり稚拙だった。
今もそれほど立派と言えるものではないが、以前はもっと、ひどかった。

こういうものに慣れていないこともあった。

また、伝聞で聞いたものを自分の言葉に作り直す。
それは直している間にわけがわからくなったこともある。

人の言葉は理解できずわからないものもある。

それは情報提供者(先代への提供者のこと。)もどのように出力されるのか。
それがわからないから・・と思う。

と、少し言い訳を並べた。

そうした過程を経て、今は、牛の反芻行為のように過去も現在も作成したものを見直している。

特に先代が離れた頃から、俺自身はややマニアックな世界にはまっていたので、それらはすべてカットした。

本来の出発点であった小さな疑問、素朴な疑問などを通じて、何がしかのお役に立てればということで、ブログの向く方向を修正している。
(この部分は平成29年8月31日のこと。)

そして、時間はまだかかると思うが徐々に見やすくしたい。
昨日より今日、今日より明日という視点である。

ということで、俺とこのブログの成り立ちに関して触れてみた。

続いて、このブログは世事と謳うだけあり、生意気ながら政治のことにも多く触れている。

だが、俺は特定の支持政党はない。
とはいえ、政党の動きに目を向ける意欲はある。
それは国会議員が見せる国会での姿に疑問を感じているからだ。

特に、国会での言動、行動に強く意識が向く。
そのため、当ブログではややきつめに表現している。

早い話が『反対』だけでは生産性は上がらない!
その視点だ。

何も生み出すことができなければ、存在する価値はないと思うからだ。

それだけのこと。
個別に好き、嫌いな政治家がいるわけではない。
賢明かつ懸命な者は応援したい。

(再見)

オシマサの世事を語る

追記

この件は本文中で表してもいるのだが、すべてに注記しているわけでもないので、ここでも表しておく。

小池百合子都知事に関する表現は、自ら語るのも変だが俺は変節している。
知事選挙前は言うに及ばず、当初はその動きに期待していたが、豊洲移転、石原慎太郎氏への批判を見て、真逆の捉え方を今している。
(2017.9.26)
これもここで付言する。

(追記終了)

本日、2017年11月17日から三代目が書きます

表現の傾向が変わるわけではありません。
文章が『である調』の終止形から『です、ます調』へ変わります。

監修は二代目が行いますので、大きな変化はないと思いますが、よろしくお願いします。
(2017年11月17日17:00からです。)

サブコンテンツ

このページの先頭へ